ハピネス

2014.07.01 UP

お金持ち男性が女性へ「もう勘弁してくれ!」と思っていること

LINEで送る
Share on Facebook

cd27b3163016662f7d73f4b610c0de44

もちろん「ひとによる」ことではありますが、お金持ち男性はわりと見栄っ張りです。この日本において左ハンドルの車に乗っていたりします。

 

左ハンドルの車って、なにが不便かと言えば、追い越しをかけるのにものすごく勇気がいる。キープレフトが基本の日本の道路の左端から、対向車が来ているのか来ていないのかを判断するのは、ものすごくむつかしい。座高が高すぎるひとであってもむつかしい。

 

あるいは車庫入れのとき。

ファミレスの駐車場では、たいていの車は右ハンドルなので、運転しているひとが車から降りやすいように、左に寄せて車を止めます。左ハンドルの車は、右にめいっぱい寄せて駐車して左から降りたいわけですが、左にめいっぱい寄って止まっている車の隣で、左にめいっぱい寄せるというのは、ちょっと神経を使ったりします。

 

今日も「アンジー」をお読みくださりありがとうございます。

見栄を張るというのは、お金がかかるだけでなく気苦労も相当大きいものです。イケメンでお金持ちで見栄っ張りのエグゼクティブと付き合えば、いろんなメリットがありますが、女性がメリットを享受する裏で、エグゼクティブは「もう勘弁してほしいな」と思っていることもあります。

 

もっともじぶんの見栄っ張りな性格をどうにか収めたいから「勘弁」ってことですが、見栄っ張りな性格はそう簡単に治らないので、金持ち男性はマッチポンプ式に大変な人生を送っていることもあると言えます。

 

とくに夏になると、左ハンドルの車は大変です。渋滞中になんの予告をされることもなく、車のエアコンが壊れて、湯水のごとく熱風が流れ出てくることもあります。金色のクレジットカードなど、年会費が高いだけなのに、いまさら一般カードに切り替えられなかったりします。

 

要するに無駄なコトに無駄な時間とお金を費やさないと張れないのが男の見栄です。ということがわかっていれば、見栄っ張り男性をオトすことも簡単ですよね!?

 

Photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ