恋愛

2014.06.26 UP

~珠玉の恋愛ソングとカリスマブロガーに学ぶ!恋愛テクニック~

LINEで送る
Share on Facebook

chu-ai1

 

透き通る歌声と、心にしみる歌詞…。恋の病にかかった時、いつだって恋愛ソングや恋の格言は万能の処方箋になる。

Newアルバム『Shutter』をリリースした川嶋あいと、先日発売した恋愛本『恋愛炎上主義』が話題になっているブロガーで作家のはあちゅうによる、女性限定プレミアムイベント「ちゅうあい会」が、六本木ヒルズクロスポイント“Hills-Garage”にて開催された。

このイベントは、来場された皆さんからのリアルな恋や仕事の悩みに直接答えるコーナー「ちゅうあいクリニック」と、川嶋あいが厳選する“恋の歌”のアコースティックライブを楽しめる「プレミアムライブ」の2部制で行われ、イベント風景を撮影してその場ですぐにSNSへアップしてOKというユニークな試みも手伝って、リアルとタイムラインの両方で盛り上がりを見せた。(各種SNSにて ハッシュタグ#ちゅうあい で検索して当日の様子をチェック!)

chu-ai2

「ちゅうあいクリニック」のコーナーでは、白衣姿に着替えたおふたりがリアルな恋の悩みに答え、「恋のしかたがわからないときは、妄想特訓をしながら波がくるのを待つほうがいい。」「女子会に行きすぎる女と女子校のなかにいる女は女子じゃなくなる。」「女子力は、女ではなくて男に会わないとUPしない」といった、数々の名言が飛び出した。この日集まった120人あまりの女子たちも一斉に頷き、SNS上の 「♯ちゅうあい」 タイムラインも共感のリツイートや、ひとこともの申すリプライなどで溢れかえった。

chu-ai3

第二部は川嶋あいのプレミアムライブ。往年の名曲「ふたつ星」やNewアルバム『Shutter』に収録されている、珠玉の恋愛ソングたちが披露された。その透き通る歌声と心にしみる歌詞は、一瞬にして会場を感動の渦に包みこみ、はあちゅうとのLINEのやりとりの中で生まれたという曲の誕生秘話や、大失恋のさなかにいる女の子を歌った「一凛」にこめた想いを語り、共感を呼んだ。

恋愛の名手たちによる異色のコラボレーションイベント「ちゅうあい会」。どんなに辛い恋や実を結ばなかった恋を経験しても、「やっぱり、また恋をしよう」と思わせてくれるようなパワーを持つ言葉やメロディーは、恋の悩みに揺れる同世代たちに勇気を与えたに違いない。

 

川嶋あい  シンガーソングライター

2003年 I WiSHのaiとして「明日への扉」でメジャーデビュー。その後、川嶋あいとしても数々のヒット曲を世に送り続けている。Newアルバム「Shutter」発売中。初回版には、はあちゅうのオリジナル短編小説も封入される。8月20日に恒例の渋谷公会堂でのライブ【My home town ~12 years ~】開催、9月12日からは新潟を皮切りに全国5か所のツアーを敢行。

 

はあちゅう (伊藤春香)  ブロガー・作家

大学在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェク トを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれるようになり、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、「はあちゅう」名で幅広く活動中。モテる人たちを徹底的に研究してつくられた恋のテクニックが満載と話題の著書「恋愛炎上主義」は、アラサー女子から絶大な共感を呼んでいる。

郷田 絵梨
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ