恋愛

2014.05.22 UP

今すぐ使える女性のための 「しぐさ美人」になれる4つの法則

LINEで送る
Share on Facebook

290443c0c63bed187550f52141c1e61b

マナーには、ビジネスで必須な内容プライベートに役立つ内容があります。

プライベートマナー研修では、冠婚葬祭、年中行事、自宅訪問のマナー、和室での振る舞い、食事のマナーなどがあり、女性には覚えておいてほしいテーマです。

 

今回は、“しぐさ美人”になるための手のしぐさに注目してみましょう。

 

手は、意外に男性に見られています。

仕事中にパソコンを打つ手や電話を持つ手はデキル女を感じさせ、書類を渡す手やお茶を出す手は従順さを感じさせます。飲み会でグラスを持つ手は色気を感じさせます。

手のしぐさに気をつけると、女性らしさが一段とアップします!

今すぐ使える“しぐさ美人”になれる4つの法則をお教えしましょう!

 

しぐさ美人の法則①【ワシではなく、“キツネ” 】

“ワシ”で物をつかむと“鷲づかみ”になります。

では、影絵を作るように“キツネ”の形にしてみましょう。この“キツネ”の手で、物をつかんでみます。

 

まず親指と中指で物をつかみ、薬指を添えます。人差し指と小指を少し離します。自然と、指が伸びて、女らしいしぐさ美人に見えるのです。

Hand2

 

しぐさ美人の法則②【1対4の法則】

親指1本に対して、他の指4本です。人差し指から小指までの4本をくっつけて、指先を伸ばします。

この1対4の状態で、手のひらを見せるようにし、物を指し示します。

 

お客様にお待ちいただくときは、「こちらにお掛けください」とイスを指し示し、場所をご案内するときは、「あちらでございます」と方向を示します。

凛としたしぐさ美人に見えます。

Hand3

 

しぐさ美人の法則③【両手でどうぞ】

物を渡すときは、両手で「どうぞ」と言って渡すと、丁寧なしぐさ美人に見えます。

片手で持ったら、すぐに、もう片方の手を添えましょう。

渡す向きは、相手が取りやすく、見やすい方向を心がけます。

 

お醤油、取ってくれる」と彼に言われたら、①の法則でつかみ、両手で「はい、どうぞ」と笑顔で渡しましょうね。

Hand5

 

しぐさ美人の法則④【小指が先】

しぐさ美人の法則では、物を扱うとき、できるだけ音をたてないことも重要です。ガチャガチャ、バタバタ、ゴンゴンなど、濁点のつく大きな音をたてると、ガサツな印象を与えます。

 

グラスをテーブルに置くとき、一番先に小指をテーブルにつけると、音があまりしません。

繊細で上品なしぐさ美人に見えます。

Hand4

これらは、研修の際、多くの男性に感想を伺って、好評を得たしぐさです。

お目当ての彼の前で、ぜひ実践してみてください!!

Photo by Pinterest & Miyoko Fujita

藤田 みよこ

藤田 みよこ

(Eggコミュニケーション代表/講師)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ