恋愛

2014.04.29 UP

幸せになる最も簡単な方法!~広すぎるベッドもよしあし~

LINEで送る
Share on Facebook

sleeping position

1日の疲れを癒してくれるベッドタイム。嫌なことがあった日も、大好きなパートナーを隣にしたらトゲトゲした気持ちも自然とほぐれていく気がします。

 

さて、そんな待ち遠しいベッドタイム、あなたは彼(旦那さん)と抱き合って寝てる? それとも背中合わせ? (「そもそも同じベッドで寝ていない」、なんていうのは論外!)

 

イギリスで発表された研究結果によれば、寝ている時の体位であなたとパートナーとの幸福度が分かってしまうというのです!

 

英ハートフォードシャー大学の研究者が500組のカップルを対象に寝相と相性を調査。寝ている間にパートナーとのスキンシップを図っているカップルは、そうでない人たちに比べて幸福度が高いことが分かりました。

 

就寝中も触れ合っていると答えたカップルの実に94パーセントが「幸せを感じる」と回答、就寝中に触れ合うことのないカップルのうち「幸せ」と答えた人たちは68パーセントだったそうです。

カップルと就寝時の体位(寝相)の関連性を調べた研究はこれが初めて。

 

スキンシップだけでなく、寝ている時の相手との距離間も関係性を図るバロメーターになるのだそう。

2.5センチ程度離れて寝ているカップルは、75センチ以上離れて寝ているカップルと比べて幸福度が20パーセント以上も高いという結果に。

今回の調査では、くっついて寝ているけれど「背中合わせに寝ている」カップルが4割を超えていたそうです。

 

ちなみに左側に寝ている人は、パートナーよりも積極的でクリエイティブということも分かりました。アートや音楽に長けている人は右脳が活発だとはよく聞く話。そういったことも寝る位置と関連しているのかもしれませんね。

 

「パートナーと最近うまくいっていない」なんていう人は、ベッドのなかで手を握ったりくっついてみたりしてみてはいかが? 関係の改善と共にロマンチックな時間が過ごせるかもしれませんよ。

 

【参考】

※ What Your Sleeping Position Says About Your Relationship

Photo by KBJ-77

イヴォンヌ麗
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ