恋愛

2014.04.12 UP

年下男子が「泣けちゃうくらいに嬉しく感じた」お姉さんの行動

LINEで送る
Share on Facebook

image

男って女性みたいに強くないんです。

いつも不安だらけで、失敗するんじゃないかってヒヤヒヤしてる。そんな不安の裏返しで強気なこと言っちゃったり、大きな態度を取っちゃったりしますが少しだけ多めに見てください。

できることなら、ちょっぴり勇気や元気をもらえる言葉をかけてもらえると嬉しいかも。

 

女性にとっては無意識にやっていることでも男にとっては泣けちゃうくらいに嬉しいことってたくさんあるんです。

もしあなたの近くに経験値の浅い男がいたなら、ぜひともこんなことをやってあげてください。

 

1:ニックネーム的な呼び方で呼んであげて

おそらくどこの組織においても、相手の名前(名字)をしっかりと呼んであげることが大切であるとされているはず。

確かに、自分の名前をつけてあいさつをされたり、呼ばれたりすると自分の存在がきちんと相手に認識されているようで嬉しいですよね。

とくに男の場合だと、おねーさんから「◯◯くん、この書類おねがいー!」なんて自分の名前を呼ばれると、仕事だと分かっていても思わずどきッとしてしまう。

 

でもこれがもし彼氏や彼女の関係のような特別な名前で呼んでもらえるようになると、自分だけがおねーさんの特別な存在になったような気がして嬉しさに変わる。

日々の瑣末な不安なんて全然気にならなくなります。

 

2:ひとことを書いたメモを机に貼ってあげて

言葉ももちろん嬉しいのですが、やはり言葉よりも手間のかかる文字というのは嬉しさもひとしおです。

その手間をかけるのがおねーさんなのがとても申し訳ないのですが、元気がでるメッセージのような大げさな凝ったものでなくて全然いいのです。

ガンバ!」とか「あと少し!」のようなひとことを、付箋に書いて机やデスクトップに貼り付けてくれると、めちゃくちゃ嬉しいのです。

 

好きなときにおねーさんの励ましの言葉を聞きたいけどそういうわけにもいかない。

そんなときにおねーさんからもらった付箋を見ると、みるみる元気になるぼくがいる。エナジードリンクが必要なくなります。

 

3:さりげないボディータッチをしてあげて

合コンのテクニックじゃないんだから、っていう声が聞こえてきそうですが、あれは全くさりげなくないですよね。

その場にいる全員が気づいていると思います。これは本当にさりげなくです。肩をぽんッと叩いてくれるだけでいい。なんなら人指す指でつついてくれるだけでもいい。

言葉だけでは不安で、文字でもまだ何か足りない。そんなときにおねーさんから少しで触れてもらえると決心がつきます。

 

よし頑張ろう! 死ぬまで頑張ろう、おねーさんのために!」って心に誓うんです。

ちょっと怖いですが、本当にこんな気持ちになるくらいにおねーさんのさりげない行為って嬉しいもんなんです。なんだか職場のメンタリストのような存在ですね。

 

どうでしょうかね。

なんだかとてもおねーさんに手間をかけさせてしまいますね。だけど一つひとつをみたら単純なことばかりです。

この程度のことで男の士気を上げることができるなら、やってみてもいいんじゃないでしょうか。

 

毎日じゃなくてもいいんです。忘れそうになったころ合いを見計らってもう一度仕掛ければ、男にとっては毎日やってもらっていることと同じです。

なんて単純なんでしょう。ぜひ一度お願いします。

 

Photo by Pinterest

片本 裕
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ