恋愛

2013.09.07 UP

35歳からのバイブル!イケメン年下男性をゲットする黄金の法則3パターン

LINEで送る
Share on Facebook

Lo09

おっちゃんと一緒にゴルフをしたことがある女性はわかると思いますが、おっちゃん、究極の局面において「知恵」と「小ワザ」を持っています。グリーン手前のバンカーから、「小ワザ」を使って、ひょいっとグリーンにボールを運びます。若造は、たいてい、グリーンオーバーしたりします。

よって、おっちゃんと結婚をしたら、結婚生活における困った局面(これがまた、いっぱいあるんだ)を、ひょいっと乗り越えることができて、まことにいいものですが、アラサー以上の女性のなかには、どうしても年下イケメンと結婚したがっている人もいますよね。
そこで今回は、男の視点から「イケメン年下男子をゲットする方法」を3パターンご紹介したいと思います。

 

(1)うんちくを言わない

年をとれば、人は理屈っぽくなります。理屈っぽくなると、人が離れていきます。年下のイケメンとデートをするときに、「この日本酒の原料はさあ」とか、まちがってもうんちくを垂れないことです。
高級レストランで出てきたフィンガーボールの水を見ながら、年下男子が「これ、めずらしい飲み物だね」と言っても「うん、めずらしいね」と、話を合わせておくといいのではないでしょうか。

 

(2)常に一緒に行動する

年下男子の浮気防止ということでもないですが、狙いを定めたイケメン年下男子とは、できるだけ常に一緒に行動するべきでしょう。
どんなことがきっかけで、付き合えるようになるのか、誰もわかりません。唯一「恋に落ちるチャンスが多ければ、それだけヒットを打てる確率が上がる」ということは、誰でも知っています。
仕事終わりの食事の時間や、暇な休日に持て余している時間。そういうときに、なにかと理由をつけて、年下イケメン君を呼び出せばいいということです。

 

(3)イヤミなくらい褒める

年下男子って、オラオラ系のイキガッテいる男子であっても、内面は実はマザコンであることが多いものです。
マザコンは、「ママ~」という幼稚な子というだけではなく「母親に褒められ認められたい」というのがその本質であるとする心理学の見方もあります。
アラサー/アラフォーのあなたが、彼の母親の代わりに、なにかと褒めてあげるといいでしょう。「他者に認められたい」という欲求を満たしてあげると、人はその人のことが好きになると言われています。

 

いかがでしたか? 相手が年下だからとか、相手は極めてルックスがいいからとか、そういう「ハードルの高さ」は、ご紹介したテクニックを駆使することで、グンと低いものになると思いますヨ。
がんばって年下イケメン君をゲットしてみてはいかがでしょうか。
Photo by:Pablo Lancaster-Jones Photo

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ