恋愛

2016.11.26 UP

若い女子のやり方じゃダメ!35歳からの「恋愛LINEテク」4つの掟

LINEで送る
Share on Facebook

35歳の女性は、男性から見れば立派な大人。男性は、女性の落ち着いた雰囲気を求めているんだそうです。

男性は若い女性が好きなイメージがありますが、必ずしも若い子のふりをすればいいわけではないもよう。若ぶれば逆に「痛い」と思われてしまうことも……。

今回は35歳の女性の魅力を引き出す、恋愛に有利なLINEのコミュニケーション術をご紹介します。

 

1. LINEのペースを合わせるべし

20代のころは、とにかく話を盛り上げるために、ハイテンポでメールのやりとりをしていた人も多いのではないでしょうか。しかし、30代女性の即レス満載なLINEは「落ち着きがない」と思われることもあるようです。

気になる彼とのLINEは、文字量・スタンプ・返信ペースを彼に合わせるとうまくいきます。会話をするときもそうですが、同じくらいのスピードで話す人は居心地がいいと感じるものですよね。

それはLINEでも同じ。彼に「この人はなんだか落ち着くな」と感じてもらえるように、LINEのペースは彼に合わせていきましょう。

 

2. スタンプの使い方に気を付けるべし

スタンプの使い方にも気を付けていきましょう。女を捨てている感じのお笑い系、アニメやアイドルなどのオタク系は、彼に引かれる恐れがあるので避けたいところです。

いつもの仲間にしか分からない内輪ネタスタンプもNG。30歳を過ぎると決まった相手とLINEをすることが多くなりますが、同じようなノリで彼に送っても、彼は「??」と反応に困ってしまいます。

恋愛において好ましいスタンプは、女性らしいものです。赤やピンク色が入ったスタンプは、分かりやすく「女性らしさ」を連想させます。「今さらピンクなんて……」と思うかもしれませんが、恋愛を成功させるには使っていて損はない色です。

 

3. 返信が遅くても落ち込まないべし

気になる彼とLINEをしていると、どうしても気になるのが返信のスピード。大人の男性はLINEを連絡手段として使っており、おしゃべりをする習慣があまりありません。回数で愛情を測らないことが大切です。

20代ならまだしも、30代の女性が既読スルーをされて返信を催促するスタンプを使うと、ちょっと重たくなるのが難儀なところです。

落ち着いた大人の女性を演出するためにも、LINEの返信スピードに一喜一憂しないこと。余裕のある態度で臨むのがいいでしょう。

 

4. 彼の趣味の話で盛り上がるべし

男性は聞き上手な女性を好み、「話を聞いてほしい」と思うものです。彼のテンションをうまく上げて、たくさん話を聞いてあげると、好感が持たれます。

特に、彼の趣味の話を振ると効果的です。男性は自分の趣味について語るときはとても楽しそうにします。好きな話になると饒舌になるので、これをうまく使いましょう。

彼の趣味について「教えて」というスタンスで会話をしてください。例えば、野球好きの彼なら「日本って野球強いの?」「野球のルールって、こうなの?」なんて聞いてみましょう。喜んで解説してくれるはずです。

彼が気持ちい状態を保ちながら、エンドレスのLINEを続けるのが理想ですね。

 

LINEが登場してから、まだ年数は浅いですが、すっかり恋愛にも大切なツールとなりました。

30代を過ぎた女性には「落ち着き」が求められます。LINEのやり取りでも、落ち着いたお姉さんのような雰囲気で、男性を包み込むようにすれば、恋の勝算がありますよ!

東 香名子
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ