恋愛

2016.11.11 UP

Sponsored

マジ婚活リアル実況中継!「結婚相談所って本当にいい人に出会えるの…?」

LINEで送る
Share on Facebook

10月某日、婚活支援サービス パートナーエージェント池袋店の看板を、神妙な面持ちで見つめる女がいた。

 

独身ライター・東。これまで婚活が実らず、しかもその理由は「理想が高いから」と自覚している女が、婚活支援サービスに初挑戦する……!

というわけで、35歳からの婚活特集第2弾。婚活支援サービスって、興味はあるけど実際どうなの? 女は35歳からでも結婚できるの? 理想が高くても相手が見つかるの? 婚活中のソロ女のあなた、必見です!

 

初めての婚活!結婚相談所のなかは、どうなっているのか?

さっそくパートナーエージェントが入るビルの4階へ。エレベーターを降りると、いよいよ到着。

どんなことをするのか、まったく未知の世界……。友達でも経験者がいないので、激しく緊張します。

 

東:
「こ、こんにちはぁ~……」(震え声)

そこには壁が白くて明るい、清潔感のある空間が広がっていました。

ウェイティングスペースには雑誌が。なんだか、高級な美容院みたいで落ち着きます。受付で名前を告げて、しばし待機。

 

さらに店内には、成婚退会したカップルの写真やメッセージが貼られているスペースも。先輩たちからの温かいエールを感じます。

 

とうとう・・・コンシェルジュさんとご対面!

パートナーエージェントの大きな特徴が、専任コンシェルジュが付くところ。要は結婚というゴールに向かって伴走してくれる、コーチのような存在。といっても、具体的にはどんなことをしてくれるんだろう?

さっそく、担当のコンシェルジュさんとご対面です。今回担当してくれたのは、越石さん。第一印象は笑顔が素敵な、やわらかい雰囲気の女性。ちょっと緊張が解けました。

 

オシャレな洋楽が流れる広い店内。相談ブースがいくつもあり、土日は混雑して満席になってしまうんだとか!

越石さん:
「では、こちらの席へどうぞ」

東:
「は、はいっ!」

まだ緊張が解けない東。カメラマンが引くほどカチンコチンです。

 

東:
(何を聞かれるんだろう……。理想が高いって怒られたらどうしよう。ドキドキ)

越石さん:
「この度はご来店頂き、ありがとうございます。早速ではありますが、弊社のご説明と東様について、お話をうかがわせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします」

東:
「よ、よろしくお願いします!」(ガチガチ)

越石さん:
「それではインタビューを始めます」(ニッコリ)

越石さん:
「緊張なさってますが、まず、婚活のきっかけはなんでしょうか?」

東:
「は、はい。周りがみんな結婚してるのに、私だけ相手がいなくて(泣)。もう後がないと思い、最後の砦、いや、清水の舞台からダイブする気持ちでまいりました!」

越石さん:
「いいですね。結婚のタイミングは『結婚したいと思ったとき』ですよ。東様は、今がまさに結婚のタイミングです。一緒にゴールに向かってがんばりましょう!」

東:
「はい!」

越石さん:
「さて、先ほどのお話を聞くと、『最後の砦』や『清水の舞台』など、東様のとても強いお気持ちを感じます。具体的に、どのくらいで出会い、どのくらいで成婚したいですか?」

東:
「う~ん、半年で相手をしぼって、半年交際して結婚したいかな」

越石さん:
「なるほど、いいですね! ここにいる会員様は、みなさん結婚がしたくてご入会されています。お相手が見つかるまでに時間がかかることもありますが、お相手が決まってから結婚までは比較的、早いケースが多いですよ!」

おお、なんだかとっても温和な雰囲気です。コンシェルジュさんの包み込んでくれるような優しさが、勇気を与えてくれます。

 

「年収650万円以上、身長177センチ以上の男性をお願いします」

越石さん:
「それでは、未来のお話についてお尋ねしていきますね。未来のことなので答えにくいこともあるかもしれませんが、ゆっくりお時間をとって考えてください。まずは、どういう家庭を築いていきたいですか?」

東:
「う~ん……。どういう家庭……なんだろう?

(ヤバイ、将来のビジョンがあんまりなくて、ちょっと焦る!)

す、すいません。なんか、答えがすぐに思い浮かばなくて(泣)」

越石さん:
「大丈夫ですよ。そういう方もいらっしゃいますし、具体的なイメージを持っていなくても大丈夫です。

では、現実味のある所からいきましょう。周りの友人や、兄弟姉妹の結婚相手を見てどうでしょう? 何か感じることはありますか?」

東:
「あ~。なんか、みんな助け合ってる感じがして、いいなーと思います。みんな常識がある感じで。私も常識がある人と結婚したいです!」

※そこから、堰を切ったように自分の結婚の理想を語り始める東(カメラマン談)

東:
「あとは、やさしい人でぇ、仕事を頑張る人。あとあと、見た目は普通で、ガタイのいい人が好きだから、身長は177センチくらいほしいカナァ」

東:
「あとぉ~、年収は平均以上がいいから、650万円は欲しいかな!」

※いつの間にか、前のめりで饒舌になる東(カメラマン談)

越石さん:
「なるほど。わかりましたよ~」(ニッコリ)

 

その条件、ホントに必要?相手に求める条件をじっくり考える

東:
「なんだかいっぱい出てきちゃった……! だからみんなに理想が高いっていわれるんです。こんなんじゃ、相手が見つからないですよね(涙)」

越石さん:
「大丈夫ですよ。コツは、ひとつ大きな軸を決めることです。『年収は絶対1000万ないとダメ! あとは身長も学歴も関係ない』という方もいます。

逆に『年収も身長も学歴も全部はずせない』となったら、当然ご紹介できる人は少なくなります」

東:
「なるほど」

越石さん:
「私にできることは、まず東様のお気持ちを整理することです。東様が主体になって、条件やお気持ちを話していただく。私はその情報をもとに、お相手を一緒に考えます」

東:
「ふむふむ、気持ちの整理」

越石さん:
「たとえば、さっき東様がおっしゃった『やさしい人』。それでしたら『私はやさしさを一番大切にしている。年収は低いみたいだけど、会ってみてやさしさが見えたら、この人と先に進みたい』という考え方もあります」

東:
「まあ、やさしさを一番の軸にしたいですね。だからといって、ぶっちゃけ、経済力も身長も捨てられません……!(切実)

越石さん:
「なるほど。身長は177センチ、年収は650万円という条件でしたね。

当社は、身長は1センチ刻みでプロフィールを出しています。たとえば、身長を177センチ以上にしてしまえば、176センチ以下の人はご紹介候補にはまったく出てきません。それでも大丈夫でしょうか?」

東:
(ムムッ!?)

「う~ん……確かに、176センチでもそんなに変わらないかも」

越石さん:
「では、175センチはどうでしょう?」

東:
「まぁ……、大丈夫ですかね」

越石さん:
「174センチは?」

東:
「えーい、OKにしちゃいましょう!」

越石さん:
「もう一声いけます? 173センチは?」

東:
「174も173も変わらないですよね。よし、173センチ以上で探してください!」

越石さん:
「はい、わかりました! 177センチ以上から173センチ以上に幅を広げましたので、紹介できる人数がだいぶ増えましたよ!」

東:
「おお~! 理想が自然に下がったというか、より具体的になった感じ! なんだか不思議な気分です!」

越石さん:
「同じように、年収も見てみましょうか。年収は50万円刻みです。先ほどおっしゃっていたのは、650万円です。650万円以上だと、649万円の人はご紹介候補に一切出てきません。それでもいいですか?」

東:
「う~ん、650も649でもほぼ同じですよね。ちょっともったいない。ひとつ下の600万円まで下げちゃってください!」

越石さん:
「はい。600万円だと、599万円の人は出てきませんよ? いいですか?」

東:
「よーし、550万円以上! いや、この際500万円まで下げちゃってください!」

越石さん:
「はい、かしこまりました。下がりましたね! また紹介できる人数が増えますよ!」

東:
「なんだろう、この達成感」

 

なんでも相談できる!心強いコンシェルジュ

越石さん:
「というわけで年齢、年収、身長、学歴など、7つの条件が決まりましたね。これから活動をしていくわけですが、どの人も会ってみないとわかりません。

特に、東様の希望している『常識的で優しい男性』は、会わないとわからないですよね。だから、どんどん会ってみてください。

会ってみて、『この人はちょっと……』とか、『この人とは合う、先に進めそう』と思った、その気持ちをどんどんコンシェルジュにシェアしてください

「プロフィールですごく気に入っても、会ってみたら『あれれ?』なんてこともあるし、その逆もあるでしょう。そういった情報をすべて共有してもらって、私がサポートしていきますよ。

婚活は、東様が主体となっていただきます。私のほうから、誘導するなんてことはありません。きっと、いろんなことがあるでしょう。断られて落ち込んだり、とっても嬉しいと思ったり。ひとりで悩んでいてはダメです。どんなに小さいことでも、私に相談してください」

東:
「はい! すごく、心強いです!」

越石さん:
「最後に、東様に活動をコミットしていただきます。この活動、やっていけそうでしょうか?」

東:
「はい! がんばります」

 

コミットした証として、署名をします。この瞬間、もっとも気合が入ります!

東:
「よろしくお願いします!」

無料でコンシェルジュさんに
相談してみる?【詳細はコチラ】

 

自信が持てる!専任コンシェルジュがいるメリット

今回、コンシェルジュの方と話して感じたことは、とっても信頼できる人だな~ということ。私の話を否定することなく、すべて肯定してくれます。自分の仕事や趣味の話についても、とっても褒めてくれるんです。だから、とっても自信が持てました。

結婚というゴールに向けて突き進むには、励ましてくれるパートナーがいることが重要だとつくづく感じました。

 

思い立ったが吉日! 「結婚したい」と思ったら、その勢いで今すぐ予約するのを強くオススメします!

パートナーエージェント
詳細はコチラから!

関連記事

【アラサー独身】いつも恋愛失敗…!あなたの恋愛を分析できる「診断テスト」

【なぜ結婚できた!?】35歳から幸せになった女性に共通する「4つのポイント」

東 香名子
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ