恋愛

2014.03.25 UP

やらせてくれる女、やれる女~目撃!女が尻軽認定されるとき~

LINEで送る
Share on Facebook

SONY DSC

OL時代、男子会に紅一点として顔を出していた私。

趣味が麻雀だったことと、ぶりっ子ではなかったこと。社員の男にはまったく興味がなかったこと。そんなことから社内の麻雀同好会の飲み会に出席していました。

 

付き合う男は同じコミュニティから選ばないというポリシーがあり、恋人は社外。女子ひとりで飲み会に出ても、とくに他の女子社員から責められることはありませんでした。ただの同好会員でしたから。

 

そこでは、酒が回るまでは仕事の話や武勇伝などが語られるのですが、回ってくると興味深い話が聞けたのです。

そこで言われていた「俺、○子とやったぜ」というお話。ギョッとしましたよ。

 

何が? いやいや、こんな狭い社会の中でヤッたヤラないなんて。それが自慢なんて。オトコって、ガキだなあって。

仕事もバリバリやって女ともヤル俺カッコいい! って感じなんでしょうね。男どもは盛り上がっていました。

私という女性社員がこの場にいることは忘れているようでした。私は食べ続けていました。

 

Z子さん。彼氏ナシのフリーながらも、セクシー系。

キレイどころでしたが冷たい性格でした。仕事で分からないところを聞いても嫌味だけ言って詳しく教えてくれないような先輩女子。

Z子食ったぜー

 

野獣系の営業社員と、飲んだ後にホテルに行ってしまったそう。

 

ひえー。こんな声のでかい、デリカシーのない奴と? 趣味わるっ!

いいなー!」「うらやましい。美人のZ子かあ。いいねぇ……!」「酔えばスグできるぜ。男がいないから」「じゃー俺もやらせてもらおう

お、おまえが? 野獣に引き続き、お笑い芸人みたいなおまえが?

その単純思考にのけぞりました。

 

女だって選ぶよ、知らないの?

そんな簡単なわけないでしょ?

わかんないだろうけど、Z子は尻軽です

そして先輩の胸の大きさ、技術にまで話が及びました。

一同大笑い。私はわかりませんでした。

そんなもんですよ。

 

X子ってすごい。胸を触らせてきたんだよ

X子さんは私の同期の女子。純情キャラだったので驚きました。

田舎出身の子でしたが、ムリしてアーティストぶっているようなところがありました。そこを見抜かれたのでしょうか。

 

しかし純情キャラ

食えるんだよなぁ」「いいよって言うんだもん」「ここでもいいよって

ここって、ビルの陰。X子は自分のカラダのコンプレックスを男性に言う、男性との距離が近い、初体験が遅い……そんな話をつねづね声高に言っていました。

変なこと言うのね」といぶかしく思ったものです。

それが彼女のテクニックだったのですね。

 

男の人って本当に好きな女性のことは心の中にしまっておいている。社内ならなおさら。

社外の彼女でも、語らないんじゃないか。女子と違ってノロけたりはしない……と思ったのです。

 

しかしなぜこんなにやらせてくれる女、やれちゃう女、カンタンにやった女の話をスグするんだ?

そしてそのときのその場の盛り上がりようと言ったら。

 

なんで自慢するの?

認められたいし、デキるヤツと思われたい。仕事だけじゃないんだよ。

自分の中でこっそりしまっておくのも面白くないし。だから言うんだろうな。

 

その証拠に、ほとんどの女性がキレイどころだったこと。ステイタスなんですよね。キレイな子といい仲になるのは。

ビジネスと同じで、成果を口に出したいんだろうなあ。お酒も入ってるし。

 

だけど言われてる女の子。気をつけようよ。

同じ会社で渡り歩いたらダメなんだ、と。職場結婚、できなくなっちゃうよ?

 

男たちは飲みながら肴にしてるわけで。私がいない場所ならもっと言ってるわけで。

どれだけチョロいか、こき下ろしながら言ってるわけで。

 

私はそんなことを口には出さず、この恐ろしき暴露大会を心に秘めつつ、うなずきながら、焼き鳥を串からはずしてくれる男子もおらぬまま、淡々と食べ続けるのでした。

 

体などくれてやるから君の持つ愛と名の付く全てをよこせ  ※ 『発芽』 岡崎裕美子 (ながらみ書房) 2005

 

これ、愛の告白なの。渇望さが、こわい? 体をくれてやったら愛をくれるんだろうか。くれないの? それはただの都市伝説なの?

 

Photo by TonyChen

関連記事

春のOLの服装!トレンチコートをオシャレに着こなす3ステップ

たえなかすず

たえなか すず

(歌人/ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ