恋愛

2014.02.24 UP

結婚して子供もいるのに不倫しちゃうの、しょうがないですか?

LINEで送る
Share on Facebook

48bca90c3015448189d7f650cfb351e2

不倫って、2種類あります。既婚男性の不倫と、既婚女性の不倫。

昔は、男女間の「不義密通」と言われていました。隠れて、デートを重ねていたのですね。不義密通なんて大げさな、と思ってしまいますけど、今でもこの言葉は生きていると思います。

今回は既婚女性の不倫について、考えてみます。

結婚って、不自由なものです。「病めるときも、健やかなるときも」と神父様の前で誓ったとしても、ずっと続いて行く保障なんてどこにもない。結婚っていう制度に守られていながら、もやもやとした、きゅうくつさを感じている人も多いんじゃないでしょうか。

結婚して、子どもが生まれて、ささやかな幸せを感じているのなら、いいと思います。だけど、表面には出さないけれど、自分でも気づかないうちに感情が吹き出すことがある。それは縛ることができない人の心を、「結婚」という制度が縛ってしまっているからです。

 

既婚女性は、すでに心を動かされた時点で不倫をしていると思います。「恋」という状態に酔いしれているなら、尚更です

例えば、アイドルを応援しているとか、会社に入った若いかわいい男の子を手助けしてやるくらいなら笑って許せるでしょう。だけど、その彼が本気モードで来たとき、平静な態度を取れるのか、と思うのです。

 

私、結婚して子どももいるのよ

そんなことは、関係ない。俺は本気なんだ

なんて言われたら、心が傾きませんか? 何度もデートに誘ってきたら、一度くらいなら……、と思ってしまいませんか? そこから、不倫一直線となるのです。

 

子どもの頃に、テレビで不倫をしているだろう男女を見たことがあります。男はスーツ姿、女は普段着の格好をして、人目を避けるようにホテルから出て来たのだけど、ふたりともちっとも格好良くなかった。特に女性の方は、もう少しおしゃれをすればいいのに……と思いました。だけど、そういう格好でしか会えなかった理由が、今頃になってわかったりします。

 

そこには、「非日常」があります。目の前に剥き出しの形で現れた「恋」。とっくに忘れてしまっていた、熱い抱擁やとろけそうなキス。そこにはパートナーには、もう求めることのできない情熱があります。

だけど、非日常はあるていど時が経てば、やはり日常になるのです。恋の魔法が溶け、かぼちゃの馬車もガラスの靴もなくなったとき、何を感じるでしょうか。

相手の心が、変わるかもしれません。既婚女性って何も言わずにセックスだけさせてくれるから、男の人にとっては最高だそうです。その上、結婚して、なんて言葉を言うこともない。

 

でもね、その人を好きになったから、恋に落ちたんでしょう? この人しかいない、って思ったから、こんなにも苦しいわけでしょう?

恋に落ちるのに、理由なんてないんです。愛するパートナーがいても、愛しい子どもがいても、恋をしてしまったらどうしようもありません。

恋に落ちる」っていうことは、どんなに心にブレーキをかけても、落ちるときは落ちるものだからです。それでパートナーとの間に亀裂が入っても、子どもに恨まれても、自分で責任をとる覚悟があるなら、仕方がないんじゃないか。

不倫を勧めているわけじゃありませんけど、恋って夢まぼろしみたいなもんだからね、と思ったりします。

 

Photo by Pinterest

かわの ももこ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ