恋愛

2014.02.13 UP

「上がったら下がる」の法則を結婚において回避する方法

LINEで送る
Share on Facebook

lgf01a201305291300

恋愛市場に出て行くのもカッタるい、いまさらドキドキして恋して傷ついて泣くのなんてハードルたっけー!

結婚してくれるのかな彼は……」って悩むのも めんどくさっ! と思う方が、わりと普通にいらっしゃるのではありませんか?

激しい恋愛のあとに結婚、ゴールイン。コレやめちゃいません?

 

ニューヨーク大学の研究であきらかになった「カップル3年説」

燃え上がってからの結婚なんて、お風呂のお湯がじょじょに冷めていくのを待つようなもの。実際、結婚したあとはゆるやかに下降して行く運命です、はい。だって他人が一緒に暮らしていくんですもの。受けつけない癖や許せない態度も出てくるでしょう。

結婚したら一生ラブラブで」 ……けっこう難しいです。それなのに、ラブラブでいなければならないという。
たしかに、2~3年はラブラブかもしれません。俗に言うラブラブ3年説ですね。これは単なる俗説ではなく、ニューヨーク大学の研究チームにより研究がされています。結果は、恋愛の賞味期限は「1年から1年半」だということ。また、長くて3年ということでした。

 

あとは努力で何とかしろと?

この1年から3年の賞味期限は恋愛に限ったことなので、大恋愛してるうちに期限が終わりに近づいている……かもしれない。じゃ、結婚からスタートしたほうがいいじゃない?

 

大半のカップルは結婚後、賞味期限後にはこんなハズじゃなかった」と残念な気持ちになったり、「こんな人だったっけ?」と不思議な気持ちになったり、愛がなくなったかも。ウザくなった……」と急速に我に返ったり、「”疲れた”しか言わねぇ! なんだこりゃあ?」と顔で笑って心で叫んだりすることもあるでしょう。それってやっぱり……。

──落差。大恋愛の。
だから「“恋愛時代のラブラブモチベーションを持続しなきゃならない呪縛”の恋愛結婚」はしなきゃいいんです。そうすれば「恋愛時代はあんなにカッコよかったのに。いまじゃカッコもつけてくれへん」と思うこともありません。

ちょっとライクな人と付き合う

しかし、目に止まった人といきなり結婚するわけにもいきません。結婚にはなんらかのプロセスが必要。獄中結婚じゃあるまいし、プロセスやら人間性の見極めなどをすべて省いて、結婚する変人もいませんし。じゃあどうするか。恋愛しないで付き合うんですよ。恋愛じゃないから、複数と交際しても許されると思いませんか。

この交際は、恋愛の手前の状態です。友情よりちょっとライク、好きかも、のような感覚。そういう人を多く作りストックしておいて、「結婚後一番恋愛できそうな人」を選ぶんです。

 

ルックスはどうせ劣化するので、ルックス第一で選ぶのは愚の骨頂。人間性と、安らげるかどうかで選びましょう。いわゆる「草食系男子」を狙うのです。

肉食系の男はそりゃ魅力的ですよ。褒めてもくれるし、強引だし。でもね、そういう男にはいつも「裏切られる」「捨てられる」不安が付きまといます。 結婚しても浮気と言う不安が……。

肉食系の男性は恋愛を飛ばしての結婚はまずしないでしょう。彼らはなによりもセックスの時間が大切ですし、縛られる結婚なんて興味すらないと思われます。

 

だから絶対“結婚恋愛”するなら草食系男子!

女性をよき仲間と思っている草食系」と趣味やサークルなどで楽しい時間を共有し、結婚し、安定した位置となってからだんだん恋愛をしていく。

では具体的な選ぶポイントは?
1.人間性
2.安らげるか
3.生理的に受けつけるか(セックスできるか)
4.趣味の一部一致

4の趣味の「一部」一致は、夫婦ですべて同じ趣味を持ってしまうと、息抜きや逃げ場がなくなって、息が詰まってしまうからです。お互いの一番の趣味ははずし、二番三番目の趣味がまあまあ一致する人がいいですね。

 

そんな草食系の男性を選ぶといいと思います。いえ、選んでください。

なるほどわかったわ! とさっそく「結婚しない?」「結婚してくださいーなんちゃって、テへ」と女の方から押すのはやめましょう。そんなの女の立場が芸能人とか、あなたの家の庭から石油が出てきたとか、結婚する超メリットがある女だけが言える台詞!

それにあまり押せ押せは草食系がビビってしまいます。

 

でも、「結婚とか、楽しいかもね……」と控えめな提案ならオチるかもしれません。草食と言えども結婚はしたいはず。恋愛より、憧れと安定したい欲求があるはず。

昔の人はお見合い結婚でもラブロマンスを感じたんです。そう、あのころ。あのお見合い結婚のイメージ。それを今回は“男女の出会いの場ではない場”での出会いに……そんなイメージを持ってもらえればなと思っています。

 

テンションをあげ続けなきゃならない結婚よりも、しだいにあげていく結婚のほうがよくないですか?

結婚してから恋愛しちゃわない?

 

Photo by Vincent Tsui Photography

たえなかすず

たえなか すず

(歌人/ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ