恋愛

2016.06.28 UP

【元カノからの連絡って、迷惑?】その時、男性の心理とは

LINEで送る
Share on Facebook

出会いの春が終わり、恋の季節・夏へ。けれど、出会いがあれば別れあり。夏を前に、残念ながらもう恋が終わってしまった方もいるでしょう。

中には、まだ元カレに未練があったり、恋愛感情はないけれど友達に戻りたいという人も多いはず。「連絡したいけど、迷惑かな?」「一度付き合った相手と友達に戻るのは難しそう」と悩んではいませんか?

そこで今回は、元カノに対する男性心理をひも解いてみようと思います!

 

男性にとって元カノは「思い出のアイコン」

iStock_77907457_SMALL

「過去の恋を、女性は上書き保存し、男性は別名保存する」なんてよく言いますよね。まさにその通り! 男性にとって元カノというのは、自分史上、それぞれの時代を象徴するアイコンとして、いつまでも心の中に存在します。

おまけに女性と違って、ひどい別れ方をしても時間と共にイヤな思い出は消え、いい思い出だけが残る仕組み。

先日、私の先輩(男性)が、数年前に修羅場を繰り広げ罵倒しあって別れた女性と町でバッタリ再会したそうです。先輩は懐かしくなり、笑顔で駆け寄ろうとしたところ、彼女は険しい表情でくるりと向きを変え、立ち去ったとか。それでも「いやー、懐かしかった」と笑顔で言う先輩に、思わず無言になってしまいました(笑)。

 

元カノからの連絡って、男性はどう思う?

iStock_18445102_SMALL

だから、あなたが元カレに連絡したいなら、大丈夫! 何人かの男友達に聞きましたが、みんな懐かしさ&嬉しさと共に受け止める、という意見でした。

1人の男友達いわく「一回は好きになった相手だから、元気だとわかると嬉しい」そう。

女子がフッている場合は「元サヤに戻れるかも?って期待する」という男性もいましたよ。

 

元カレに連絡するタイミングは?

とはいえ、連絡を取るタイミングには注意したほうがよさそう。

たとえば、自分からフッた相手ならせめて1ヶ月は空けてから連絡すること。彼に気持ちを整理する時間をあげなくてはいけません。

別れてすぐに「友達になりたい」だの「ヨリを戻したい」だの言われても、彼は混乱するばかり。「気まぐれな子だな」と不信感を持たれた挙げ句、拒絶される可能性があります。

フラれている場合、2、3ヶ月は無連絡が◎。「しつこいな」と思われたり、“別れを告げるくらいイヤだった彼女の欠点”を繰り返し思い出させるだけですからね。

彼の苦い気持ちが洗い流され、よい思い出が残るのを見計らって連絡することで、快く受け入れてもらえる率が高まるんです。

 

元カレと友達に戻るためには?

iStock_67514965_SMALL

では、友達に戻るために一番大切なことは何でしょう? それは、自分は変わったと証明することです。あなたがフラれた場合は、特に。一度ダメになった二人だからこそ、関係を新たに築くためにリニューアルの跡を見せる必要があります。

ちなみに私の男友達の1人は「元カノは箸の持ち方が変で、何回言っても直らなかった。それがこの間再会したら、直っててグッときた」そう。そんな些細なことでも、トライする価値はあり。

また、彼と会うときは笑顔を絶やさないようにしましょう。別れ際はきっと、泣き顔やむっつり顔が多かったはずなので、その陰鬱な印象を覆さないといけません。

そうして元カレに「やっぱりこの子といると楽しい」と思ってもらえれば、一緒に過ごす時間は自然に増えていくはず。「友達になろう」とわざわざ宣言しなくても、二人はもう“友達”です。

ただ――付き合っているときに、あなたが彼に対してリスペクトを欠く言動をしていたら、友達に戻るのは難しいかもしれません。「人としてダメな人とは、女でも男でも友達になれないでしょ」とは、浮気性の元カノに苦しんだ男友達の言葉。

 

元カレと連絡を取らない方がいい場合は?

いかがでしたか? 元カレと連絡を取ったり友達に戻るのは、意外に簡単です。ただ、わたしは連絡を取らないほうがいい場合が2つあると思います。

一つは、元カレに新しい彼女がいる場合。自分だったらどうですか? 彼氏の元カノから連絡がきていたら胸がざわめきますよね。されてイヤなことを他人にするのはやめましょう。

もう一つは、あなたの今の恋がうまくいっていない場合。元カレに人間的魅力があるから会いたいのか、今の恋が辛いから元カレに逃げようとしているんじゃないのか、よく考えてください。後者の場合、昔の恋で心を温めるのは、難しいものですよ。

仲 麻希
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ