恋愛

2016.05.22 UP

【結婚できなくて辛い】イケメンしか本気で好きになれない。どうしたら結婚できる?

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000073607125_Medium

恋に悩める女子の皆さん(男子ももちろん歓迎よ!)お元気かしら?

ロンドンは異常気象で、つい昨日まで例年にない暑い日が続いていました。猛暑が苦手でこの北半球の涼しい国に逃げてきた私も困っています。このまま温暖化が続けばついにはスカンジナビアまで逃亡しないといけなくなるのかしら(笑)。

さて今回のお悩みを投稿してくださったのは、35歳のE子さん。ヒアウィーゴー!

 

【今回の相談】「イケメン以外と結婚したくありません」

35歳のネイリストです。彼氏と別れてから次の良い人が見つからなくて困っています。結婚も考えてしっかりした人を選びたいけれど、どうしても「自分の好みのイケメン」以外だと好きという恋愛感情が沸かないのです。

イケメンじゃない人とつきあったこともありますが、どうしても愛せない部分として外見が気になってしまいます。逆にイケメンの彼氏なら冷たくされてもカッコ良いから許せてしまい、都合の良い女になって尽くしてしまうふしがあります。自分のタイプでない方からのお誘いは多くありますが、興味が沸きません……。

自分でもどうしたら良いのかわかりません。私好みのイケメンが見つかるまで、とことん探し続けるべきでしょうか? ちなみに私は自分で言うのもなんですが結構モテるほうです。

連載670x180px

 

男は顔・・・でも結婚となると?

Closeup of young beautiful woman making frame with her hands

よく言いました! あっぱれです(笑)。

男を顔だけで選んでしまう、とお悩みのご様子。世の良識のある(?)方たちは「顔より性格だ!」とか言うでしょうね。

でも私個人は、こういう考え方が決して嫌いではありません。だって自分の好みをわかっているっていう証拠だし、何も悩むことはないと思うのよ。

しかし結婚を望むのであれば、やはりどこかで妥協が必要よね? 顔も性格も良い人は絶滅に瀕しているか、すでに誰かに取られている可能性も高いので、とても見つけるのが大変。

そこで私からのアドバイスは以下の2つよ!

 

イケメン好きのままでいるのも良し。

顔_2

まず「顔の良さだけを追求する」ことね。昨年イギリスの新聞「デイリーメール」が、「女性は顔の良い男性には甘くなる」という記事(英文のみ)を載せたの。

米イースト・ケンタッキー大学の心理学者たちが、イケメンとそうでない男性170人の写真を女性に見せていろいろと質問をした結果、女性はイケメンに対しては優しく甘い判断をするという結果が出たんですって。

「後光効果」もしくは「デビル効果」と呼ばれるんだけど、イケメンだと女性(ゲイの男性も含むと私は思うけどね)は優しくなれるらしいわ。だからこの理論に基づけば、貴女はそのままで良いのよ、なぜならばそれが当たり前だから。

結婚とか安定した生活とか一般の幸せを追うのではなく、一緒にいて「この人カッコいい」と常に思える男とだけ付き合うの。性格や経済状況なんて二の次よ。とにかく自分好みの顔の男を追い求めなさいな。そして運良くその人が性格も良ければめっけもの。それでゴールインできれば、誰もが羨む結婚生活が待っているはず。

 

ただ外見の良い男をキープするためには高い車を維持するのと同じで、いろいろと努力したり尽くしたりしなきゃいけないでしょう。でもそういう男しか愛せないんだから、根性据えて尽くして尽くしてその人をキープなさいな。そしてもし別れるようなことがあったならば、また次のイケメンを見つければ良いこと。違うかしら?

結婚だけが人生のゴールでは決してないし、将来なんてどうなるか分からないでしょ。今の自分が幸せでいられるように生きれば良いのではなくて?

 

もし自分を変えたいなら・・・

顔_3

それでもやっぱり結婚とか人並みの幸せを望むのであれば、もっと現実的にいろいろと考えないとだめよね。顔の良さだけでは生活は成り立たないだろうし、やっぱり性格であったり生活力であったり生きていく上でのスキルを持っている人とでないと共生は難しいんじゃないかしら。

伴侶ってそういった良い所の総合点の高い人が理想なんじゃない? 今の貴女は、自分のタイプの中で「最高のイケメン」を求めている。つまり相手を総合点で見るのではなく、「顔の良さ」のみで点数をつけているのよね。

結婚するには相手の長所・短所を受け入れないとダメなものよ。受け入れて生きていかないと、続かないの。バツイチの私が言うんだから間違いなし!(笑)

 

だから今後は、相手を総合点を見るようにしたらどうかしら? 「顔の良さ」が第一基準でも全く構わないけれど、たとえ顔の点数が低かったとしても、ほかの長所で補えるかどうかを判断する癖をつけるのよ。

好みのタイプってそれなりに範囲があるわけでしょう? 最高を10点として「まったくイケてない」が0点だとしたら、中間に位置する人たちだっているはず。顔の点数が6や7の人たちでも、性格の良さが8や9の人たちがいるんじゃないかしら。

そういった人たちを無碍に断るのではなく、お食事などに行ってもっと彼のことを知ってみる努力をしてはどう? もしかすると、良いところがいっぱい見つかるかもしれないじゃない。

 

計算することは、悪くない。

顔_4

相手を点数化して判断するなんてひどいと思う読者もいっぱいいることでしょう。でもね、これが真実。だれもが瞬時に頭の中でこういった計算をしているの。

もしテレビ番組なんかの街頭インタビューで「今の伴侶に点数をつけてください」なんて言われたら誰だってできるでしょう。頼まれればやれるし、ふだん頭の中でしていることなのに、やってはいけないと自粛しているんじゃない? それだったら堂々と自分の頭の中で計算したら良いのよ。

ただ、誰かにその点数を言ってはだめよ、傷つく人やドン引きする人たちもいるでしょうから(笑)

 

自分が相手に求めるものをわかっているのであれば、それを追い求めることに何の躊躇もいらないと思う。ただしそれを追い求め続ければ、道中失っていくものが必ず出てくることは忘れないでくださいね。

その都度どっちをとるかは貴女次第。そのとき(現在)の自分に一番相応しい条件に当てはまるものを手にすることが幸せなんだと思いますよ。頑張ってくださいね!

 

恋愛相談はこちらからどうぞ

連載640x360px

ジュージー・エレガンザ

ジュージー・エレガンザ

コラムニスト・翻訳家・スピリチュアリスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ