恋愛

2016.03.26 UP

【衝撃の告白】不倫している彼の言葉ってどこまで信じていいの?

LINEで送る
Share on Facebook

おしゃれな東京ガールズの辞書に、「恋の失敗」の文字はなし!? いやいや、実はみーんな失敗三昧の様子。

そんなしくじり恋愛体験談を、OLのバサ美とフォロ香が、ガールズトークで斬って笑って昇華させます!

連載第3回。今回登場する麻央さんは、28歳のウェブマガジン編集者。ポッテリ唇がセクシーな彼女がつきあっている彼は、一つ年上でなんと既婚者だそう。

好きになってから彼が結婚していると知った彼女は、先日彼の口からさらにショッキングな出来事を聞いたそうで……。

 

【体験談】既婚者の彼の衝撃の告白とは

エピソード03

クラブでナンパされて、半年前からつきあっている彼がいます。会ったとき「同棲中の彼女がいる」と聞いたのですが、すごく好みのタイプであきらめきれなくて。

ところが、何度かデートして初めてエッチしたときのこと。彼のネックレスで指輪が揺れているのに気付いたんです。まさか!? と思って問い詰めると、「じつは結婚している」と白状しました。

ただ話を聞くと奥さんは変わった人で、食事は一切作らないし完璧放任主義。「結婚したけど、うまくいってない」と。結局好きな気持ちが勝って会い続け、今に至ります。

ところが最近二人に第一子ができたと聞き、「奥さんとエッチしていたんだ」とすごくショックです。好きな気持ちは変わらないけれど、さすがにみじめで別れようか迷っています。

初対面男子の「既婚フラグ」はここをチェック!

フォロ香
既婚を隠して近づくメンズって、超悪質! 見抜く術はないのかな?
バサ美
一番わかりやすいのは、週末に会えないとか、夜は連絡がつかないとか。
フォロ香
確かに。
バサ美
あとは言葉。私、前にクラブでナンパされたとき、「嫁が……いや、妹が」って言い直した男がいたの。
フォロ香
わかりやすすぎ! フツー、独身男子の語彙に“嫁”ってないでしょ(笑)。
バサ美
でしょ?
フォロ香
あっ! あとさ、麻央さんの彼じゃないけど、異性と住んでる主張をする男も怪しいよね。友だちが、ある男の家に行ったら女性の気配マンマンで。妹だと言い張ったらしいけど、結局、奥さんが里帰り出産中だったって。
バサ美
“木は森に隠せ”的な戦術ね(笑)。それから、これは確実。左手薬指をいじる男はクロ! 既婚男子って手持ち無沙汰になると指輪をいじる癖がある人が多い。指輪を外してもその癖は消えないから。
フォロ香
仕草から心を読むなんて、DaiGoばりじゃない。
バサ美
そうよ。恋する女は、常にメンタリストなの(笑)。

エッチをすると女子は心を持っていかれる

フォロ香
エッチしてから既婚告白って、ズルいよね。
バサ美
うん。女の子はエッチしちゃうと心を持っていかれるからね。
フォロ香
なんでだろ?
バサ美
エッチするまで、男ってめちゃめちゃ大切にしてくれるじゃない? そういう思い出は女子にとって宝物。そんな宝物をくれた人、嫌いになんてなれないよ。
フォロ香
そうだよね。しかも、奥さんとうまくいってないとか言われたら……。

バサ美
期待しちゃう。“彼は結婚してるけど、本当は私が運命の相手かも”って。

フォロ香
で、彼を許して、淡い期待を抱きながら交際は続いていく、と。

 

不倫相手の言葉に「想い」はあっても「真実」はなし

バサ美
不倫してる人って、恋がつらいばっかりに大切なことを忘れちゃう人が多いよね。
フォロ香
何を?
バサ美
自分がしているのは、いいことかな? って胸に問いかけてみること。

フォロ香
確かに……。むしろ、“奥さんがいるから、愛し合ってる私たちが結ばれない”って考えちゃうケースも多そう。

バサ美
そのうち、奥さんが憎らしくなってきちゃったり。

フォロ香
でも、そう思わせる男も悪いよね! 奥さんの悪口を彼女に吹き込んでさ。

バサ美
そうだね。男の頭の中にあるのは、彼女を手離したくない! っていう自分勝手な思いだけ。そこに真実はないのに。

フォロ香
麻央さんのケースで言えば、子どもを授かるくらい愛しあってるんだもんね。
バサ美
そうよ。そこまで嫌いな妻に、子どもを産んでほしいと思うわけがないって。
フォロ香
不倫男の言葉に、真実はないのかもね。女子は運命の恋を見つけたと思ってても、既婚男子にとっては、あればうれしいけどなくても困らない、デザートみたいな恋でしかないのかな。
バサ美
うん。そして、デザートはたいていの場合、主食にはかなわないんだよ。

イラスト:カワハラユキコ

仲 麻希
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ