恋愛

2016.02.04 UP

バレンタインは日曜日!お家デートが盛りあがるカクテルレシピ3選

LINEで送る
Share on Facebook

C_top

今年のバレンタインは日曜日ということもあり、おうちディナーの予定を立てている方も多いのでは?

気分に合わせたBGMのチョイスやテーマに合ったテーブルコーデができるのも、おうちデートならではの楽しみです。混み合った騒々しいレストランで過ごすよりも、思い出に残る一日が過ごせそう。

そこで今回は、食前酒として楽しめるものから食後のデザートを兼ねたカクテルまで、バレンタイン気分が盛り上がるカクテルレシピをご紹介します。どれも5分以内で作れるので、紅茶やコーヒーを用意する感覚でチャレンジしてみてくださいね。

 

ワインとジュースがあればOK「即席サングリア」

C_1

食前酒として人気の高いスペイン生まれのサングリア。通常のサングリアはさまざまなフルーツを買い揃えたり、カットしたりと手間がかかります。今回ご紹介するのは、ワインに果汁100%のジュースを合わせるだけの即席サングリアです。

【作り方】

赤ワインと果汁100%オレンジジュースを1:1の割合でグラスに注ぎ入れるだけ。割合はお好みで調節してもOK。

グラスの縁にオレンジを飾れば完璧! オレンジジュースの代わりに炭酸飲料「オランジーナ」を使ってもおいしいですよ。

 

ジュース感覚で楽しめる、簡単「カシスモヒート」

C_2

ミントとライムの香りがさわやかなキューバ生まれのカクテル「モヒート」。通常はホワイトラムがベースですが、バレンタインのためだけにラム酒を買うのもちょっと……。

せっかくなら「カシス・オレンジ」や「カシス・ソーダ」など、今後も使いまわせるカシスのリキュール「クレーム・ド・カシス」を使ったモヒートはいかがでしょう?

【作り方】

グラスにミント(8房)、レモン(1/8コ分)、クレーム・ド・カシス30ml、クラブソーダ120mlを注ぎ入れてステアします。

こちらのレシピはモヒートレシピのアイディアが掲載されているサントリーの『バラエティモヒート レシピ』を参考にしました。「マリブモヒート」や「カンパリモヒート」など、女心をくすぐる簡単レシピが盛りだくさんです。

 

デザート代わりに!チョコレート味の「アレキサンダー」

C_3

「カクテルと料理を用意したらデザートを作る余裕なんてない!」女子のみなさんからは、そんな声も聞こえてきそうです。

そこでおすすめなのが、デザートを兼ねた食後のカクテル。生クリームを加えたチョコレートのカクテル「アレキサンダー」なら、バレンタインのデザートとしてもぴったりです。

【作り方】

カクテルシェーカーまたは密閉できる容器にブランデー、チョコレートリキュール、生クリームそれぞれ30mlずつ入れてシェイク後にグラスに注ぎ入れます。お好みでココアパウダーを振りかけ、スライスアーモンドを散らせば、よりデザートっぽくなりますよ。

チョコレートリキュールにはいろいろな種類がありますが、ベルギーのチョコレート専門店ゴディバの「ゴディバ・チョコレート・リキュール」や、コロンとした丸型のボトルがスイーツのような「モーツァルト・チョコレート・クリーム・リキュール」など、お好みのものを使ってみてください。

 

いかがでしたか? バーで頼むと高価なカクテルも、おうちで作れば費用を抑えることができます。リキュール類は長持ちするので、今後も好きなときに楽しむことができる点もいいですね。

バレンタインはもちろん、ホームパーティーの際にパパッと作っておもてなしすれば、彼やゲストもきっと喜んでくれるはず。今年のバレンタインは、華やかなカクテルを飲みながら、特別な一日を過ごしたいですね。

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ