恋愛

2014.02.06 UP

「男は女々しく、女は男っぽい」あなたが失望から立ち直る方法

LINEで送る
Share on Facebook

52ea706c96265b871f98cca4c369ed05

私たちは知らないうちに、自分の好きなように相手に自分の理想を重ね、期待過剰になってないだろうか。

裏切られたー!」って感情。これは、あとから考える、と実はひとりよがりだったりする。

 

仲の良い男女での飲み会。お酒が入ると互いの恋愛話になる。

今回、白熱したのが、私の元カレが別れ際に放った一言。

そんな女だと思わなかった

 

そんな言葉、言われた方に原因があるような気になってしまう。

しょうもないことでも、自分の評価が下がることは堪えるのに……。恋人から言われると尚更だ。

まぁ、私も同じなわけで、自分の愚かさに気づき、いつまでも反省すると思ったら大間違いです! 愚か者は言うまでもなく元カレ。

 

「そんな女」ってじゃあどんな女だと思ってたんだよー!?

一言も「あなたの理想の女です♡」なんて言ったことないぞ!

「いつ、ズボラなこいつのこと、完璧な女だと思ったんだ?」と皆は笑いながら酒を飲む。

そう、私ははじめから「そんな女」だった。

 

この「裏切られたー!」って感情、アンタが好き勝手に思い込んでいただけ。私に対する過剰な期待。○○だったらいいな〜が「彼氏なら○○してくれて当然」、「彼女なら○○でしょ」と希望が当たり前へと変化する恐怖の瞬間だ。

 

そして希望に応えてもらえなかったとき、人は言う。

裏切られたー!」と。

 

相手への失望感って、実は自分勝手な思い込みだったりするのだ。

話は進み、「なら、最初の印象、下げとく?」と女友達が言い出した。

たしかに、スタートラインが低いと向上しやすい。まさしく、みんなが惹かれるギャップ効果。それに失望されるリスクも避けれる。

 

「実は良い女だったんだ♡」って、そこに男がキツい一言。

最初の印象が低いのに、次があるわけナイ

 

そうなのだ。美人さえ3日で飽きられるこの世の中。ギャップを与えるチャンスさえくれない。どんなギャップなら良いのか聞くと、「まじめそうなのに実はエロい」

……最低だな。

 

すると「女も一緒じゃん!」と。

付き合う前は尽くすタイプを演じて、オレの理想に応えるように頑張ってさ……。だけど本当は

そう、彼はフラれた。イヤイヤ別れを渋っていたら彼女がバッサリ一言。

 

男でしょ!」と。

「オレ、一度たりとも男らしいとこアピールしたことないよ……」 確かに彼は母性本能をくすぐる女々しいタイプ。彼に男らしさを求めるのは不可能なのだ。

 

「恋人」なだけで相手に理想を重ねて、過剰に期待してしまう。でも誰だって本当は気づいている。実際、「女は男らしい。男は女々しい」という真実。今までの失望感って、実は相手に期待しすぎていたのでは?

「相手が気づいてくれる。きっと応えてくれる」は期待過剰なのかも。付き合う前はダマし、ダマされ合い。後から失望されるくらいならありのままを見てもらいたい。ぜひ、等身大の私を受け入れてほしいものだ。

ってそんなこと期待している私もまた、期待過剰なのかもしれない?

 

Photo by Pinterest

Mojo
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ