恋愛

2016.01.12 UP

結婚しないの?恋人ができても長続きしないR30女子のNG言動

LINEで送る
Share on Facebook

R30トップ3

先日、同世代のR30女子たち4人で話をしていたときのことです。

「筋金入りの御曹司でイケメンの年下男性を紹介されたけれど、話が合わなかった。やっぱり普通の男性が一番いい」という、友人A子。彼女の好きなタイプは過去10年間ほど「御曹司でイケメン」だったのに、今さら「普通」だなんて……!

A子は誰もが認める美人で料理上手なのに、長い間ステディな彼がいません。その場に居合わせた3名の女子たち(恋人もしくは旦那持ち)が「10年前に気づいていればよかったね」と伝えたかったのは、言うまでもありません。

今回はA子を反面教師に、恋人ができても長続きしないR30女子のNG言動を見ていきましょう。

 

ファミレスや居酒屋に嫌悪感を示すと、結婚対象外にされる?

R30つまらない

付き合う前や付き合い始めの頃は、夜景のきれいなレストランや行きつけのバーに連れて行ってくれる男性も少なくないはず。

男性は見栄っ張りなところがあるので、確実に女性をモノにするまでは頑張る人が多いのです。しかしながら関係が安定してくると、いつもワクワクさせてくれるとは限りません。

金銭面の問題や、単純に毎回レストランを探すのが面倒という理由から、ファミレスや居酒屋が候補に挙がることも。そんなときに「ファミレスや居酒屋には行きたくない」と不機嫌になるのはNGです。

実際に彼女から言われて「結婚できないと思った」という男友達も何人かいます。「結婚したらお金がかかりそう」と思われる発言は控えめに。

 

ホームパーティーはなるべく控えて

R30パーティー好き

好意を寄せている女性からホームパーティーに誘われると、その女性の株が上がる!というのは結婚前の話のようです。

男友達の話では「ホームパーティーに呼ばれる分にはうれしいけれど、自分の家でやるとなるとかなり面倒。結婚後の生活を考えると、友達を呼ぶならラクにできる鍋のときぐらいでいい」とのことです。

付き合っているときに、おしゃれなドリンクとおつまみを用意したホームパーティーを開くのはほどほどに。各人が持ち寄りの鍋パーティーなど、男性に「結婚後の生活も負担がかからなそう」と思われるようなホームパーティーを意識するのがよさそうです。

 

「結婚しないの?」は、最大のプレッシャー

cc4de458ebbecfcf918f890bb7ebd600

結婚に縛られ過ぎると、男性は逃げ腰に。「結婚よりも今は仕事を大切にしたい」あるいは「バツイチのため、次の結婚にはかなり慎重」など、結婚に対して消極的な男性も多いもの。

R30女子とお付き合いしている男性なら、当然ながら女子が結婚を意識しているのは分かっています。彼と添い遂げたい気持ちがあるなら、将来に向けて話し合うことは大切。でも、必要以上に結婚の話題を持ち出すのはやめましょう。彼だって、見えない部分で何かプレッシャーを抱えているかもしれないのですから。

 

付き合っている男性に「結婚後の生活が想像できそう」「面倒なことにならなそう」と思わせることがポイントのようです。

「わたし、もしかするとA子っぽいパターンかも……」という人は、手遅れになる前に言動を改めたいですね。

イヴォンヌ麗
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ