ハピネス

2013.12.05 UP

「年の瀬に後悔したくない女性」愛する人を持っている女性は幸せ【第5回】

LINEで送る
Share on Facebook

b0314925b8eb33232817937eb7efa6d5

愛する人を持っている人は、それだけでしあわせだし、年の瀬にずど~んとした嫌な後悔をしなくて済む。今回の特集の結論は、これでいきたいと思います。

愛する人のめんどうを見るのに忙しい人であろうと、無為のうちに1年を終え後悔をしている人であろうと、52円しかない人であろうと、愛する人さえ持っていれば、それで年を越せる。

 

12月の愛

クリスマスもすぎれば、どこの会社も仕事納めの準備に忙しくなります。その頃に聞かれる言葉として「ご自愛ください」とか「お体に気をつけて」という言葉があります。仕事の取引先という「少々遠い」間柄の人とであっても、こういう言葉をかけあったりしますよね。12月の請求書の金額くらい、年内に支払ってくれよな……と、腹のなかで思っていても「お体に気をつけて」とか、田舎に帰省する人には「道中気をつけて」と言いますよね。

12月は愛の季節です。クリスマスは恋人に対する愛。クリスマスをすぎれば、しばしのお別れになる仕事関係の人への愛。お正月は親族に対する愛。そして神様に対する愛。1年のうちにこれほどまでに愛が行き交う季節はないでしょう。

 白い息を吐きながら>>

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ