ハピネス

2014.03.27 UP

自己防衛第一主義」から卒業!新しい人間関係がうまくいく方法

LINEで送る
Share on Facebook

dbfd5760d665c1343ac20bb1c23c1c56

独身アラサー・アラフォー女史のみなさま! コミュニケーション力に自信はありますか?

私、外面ではどことなく「コミュニケーション力に自信ありっぽい」かんじなんです。

でもその実態はと言えば、自信があるもなにも苦手の域を通り越して、苦手な人との人間関係をシャットアウトすることで生きのびる方法に慣れているといったところ。

シャットアウトすることで、自分のメンタルコンディションのキープに努めています!

シャットアウトって何かというと……。

第一段階では、「あ、この人ってこんな人なんだ~」と個性の違いを認識し、第二段階で「合わないから極力関わらないようにする」。

最終ステップは「自分の中から存在を抹殺する」という方法です。

社会に出て十数年、付き合う人を選ぶことができなくなり老若男女と過ごす日々。

ひとりっ子時代の長い長女の私は、両親のもとであまり人と争うこともなく、人を疑うこともなく育ってきたと思います。

母の「完璧な人はいないから、人を悪く思ってはいけません」の教えのせいか、「人のいいところ限定」でしか見ることができませんでした。

そのまま、20代中頃まではこれで健やかに過ごせますした。

オトナになると、これだけでは上手く過ごせないのですね。ご自身のいいところを隠してしまっている人もたくさんいるので。

食うか食われるかの弱肉強食な会社組織で働こうと思えば、コミュニケーション能力が必要ですし、仕事を覚えるだけでなくどんどん社内政治的なものにも参画していかなければ「出世」も皆無。

人の上に立つ、成功をおさめる人は、基本的には素直ないい人、そして人の心を開かせ、上手く人を動かせる人です。

「人間関係シャットアウト」とか訳わかんないことを言っている若造は、幸せなんて手に入れられないんです。

だって、会社社会に身を置いていても、嫌になってフリーになっても、大富豪と結婚して優雅な生活を手に入れても、たとえ独身を貫いてひとりで勝手に生きていくと思っても、人間関係から目をそらせると思ったら大間違い。

人はひとりで生きられない。誰かと関わっていかなければ何もできない。誰かに支えられて過ごしています。

今一度、人間関係を怠らない私へシフト! ハード面もソフト面も豊かな自分を目指します!

人間関係に悩んでいる女史のみなさまも、今、克服し、新たな可能性やチャンスを手に入れませんか?

Photo by Pinterest

青山 愛里
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ