ハピネス

2014.03.06 UP

【特集・第3回】私、人の悪口や陰口から卒業しました。30代女性の卒業白書 ~終わりがなければ、始まりがない~

LINEで送る
Share on Facebook

Graduation Dresses

恋しい人の姿を見つけたとき、思わず下を向いて恥ずかしげに微笑む。そのあとでやわらかな輝きを放つように、笑いかける。

「あなたに会いたかったの」と、目が訴えている。そういう女性って、男性から見たら、たまらなく愛しいと思うのではないでしょうか。

 

恋愛、って言いますよね。つまり、恋が最初に来るんです。愛なんて放っておけば、勝手に成長していくものです。自分の親を見ればだいたい30年後にどうなっているかは想像がつくと思います。そんなお父さん、お母さんたちも、恋して、愛して、一緒になりたい、と思って、結婚したんですよね。

 

私、恋がしたいのよね~」なんて思っていても、その辺にごろごろと良い男が落ちているわけじゃない! だけど良い男ってどういう男? って、思っている人も実際、多いんじゃないでしょうか。

それは、「あなたを愛してくれる男」です。

 

別れただの、ふられただのと騒いでいる女性を見ていると、何となくわかってきます。私は、そういう目には合わないわ、と思っていても、そんな女性もいつそうなるかはわかりません。

 

昔、読んだ本の中に「女は、愛されるほうがいい。愛しすぎると、醜くなる」って言葉があったんですけど、やっぱり女は恋をされて、愛されて結婚するほうが良いと思います。

あなたが夢中になって結婚した場合と、男の人の方が恋焦がれて一緒になった場合では、温度差が生じます。

 

男性だって、愛するあなたのことを自分のものにしたんだから、仕事にだって熱が入るってものです。一緒に暮らしていくうちに、もしかしたらあなたのほうが恋しちゃって切ない想いを抱いているかもしれませんが、それも結婚というものです。最初は、6:4くらいのバランスで、女性の方が低い方がいいんじゃないでしょうか。

私は、結婚してあげたんだからね」 けんかしたりしたときに、そう考えると少しはホッとして、許せることも多くなるからです。

 

私、あの人(特に女性)のこと好かーん! そう言いたくなる気持ちもわかります。

30代ではむずかしいかもしれませんが、まずそういうところから変えていくようにしたら、どうでしょう。そりゃあ、嫌いな人も、虫の好かない人も、相性の合わない人も、いろいろといるけれど「悪口だけは言わない」と決めてみてはいかがでしょうか。

 

そういうあなたを、見ている人がいます。恋がしたい! という前に、そういうところから少しずつ変えていくと、どこかにあなたを認めてくれる人がいるはずです。その人が男性だったら、そしてあなたも想いを寄せられる人だったら、にっこり笑ってみましょう。

そこから、何かが始まるかもしれません。

動かすのに限りある人生の時計を、嫌いな人のために動かすなんてもったいない! と、思います。

 

Photo by Pinterest

かわの ももこ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ