ハピネス

2016.12.10 UP

月収18万。貯金を増やせない原因は?【プロの家計簿診断】


あなたはお金のやりくり上手な「アリ」? それともちょっとザルぎみな「キリギリス」? 30代ソロ女子が直面する大きな悩みの一つが、お金の問題です。ライフステージがどう変化するかわからないけれども、ひとりで生きていくためのお金はきちんと確保しておきたいもの。ANGIE女子の家計簿をファイナンシャル・プランナーの花輪陽子さんに診断していただきます。

今回は、新聞社のライターとして働く、東京都在住のM.Yさん(31歳)。節約術や資金運用術などを参考にして、快適で安心のソロライフを送りましょう!

【Mさんの家計簿】クレジットカード決済で支出を細かく管理

Image by ANGIE

食材や日用品などの細々とした買い物は、クレジットカードで決済して明細表で細かくチェックできるようにしています。どこにお金を使いすぎているのかが明確になるので、節約意識を持てるようになりました。

食費を抑えるために外食は控え、自炊をするように心がけていますが、自炊の方がかえって高くつくことが多いです。お酒が好きで飲みに行くことも多く、自宅での夕食時には500円程度のワインを2日に1本のペース(食費に含む)で飲んでいます

悩みのタネは、娯楽・レジャー費に対してついつい財布の紐が緩みがちなところ。映画や美術館、旅行など、自分の好きなことにはお金を使いすぎてしまう傾向があります。特に外出先だと使いすぎても気にしないことがほとんど。最近はギリギリのやりくりで貯金をする余裕がありませんでしたが、計画的に貯金をしたり、生命保険に入ったりして、そろそろ将来のことに備えていかなければならないと思っています。

ただ具体的な目標がないので、貯金が一定額から減らないことだけを考えてしまい、なかなか増やすことができません。

 

【先生の診断結果=キリギリス女子】酒代と娯楽費をセーブして貯金を!

家賃や光熱費、水道代などの基本生活費を低く抑えている点はよいです。万が一の際、娯楽費などの贅沢費は切り詰めることができますが、基本生活費は生活を営むために最低限必要となってくるお金なので、ここを大幅に切り詰めるのは難しいからです。

Point1 交際費 娯楽・レジャー費

ただ気になるのは、ほとんどが飲み代だという交際費や、趣味に使う娯楽・レジャー費が収入の30%以上となっているところ。この合計金額を収入の20%以内、36,000円程度に抑えて、残りを貯金にまわせるようにするといいですね。家飲みを増やしたり、映画館や美術館に行く場合は金券ショップを活用したりするなどの工夫をしてみてください。

Point2 食費

食費も少し高めなので、収入の15%程度、27,000〜30,000円くらいでやりくりしましょう。特に食費に含まれている酒代は2日で500円とはいっても月7,500円と高いので、晩酌の量と頻度を見直してみてください。

また、自炊をするのはいいことですが、お弁当や惣菜を買ったり外食をしたりする方が食費を安く抑えられるのであれば、自炊の回数を減らしてみるのもありです。自炊する日を固めておけば、野菜など日持ちがしない食材を無駄にすることもありません。

 

Point3 支出管理

クレジットカード決済で主な支出を管理しているとのことですが、後払いのため、管理が複雑になる可能性も。同じように記録が残るデビットカードやプリペイドカードに変更してみてはいかがでしょうか。後払いでない分、使いすぎの心配もありませんよ。

 

「アリとキリギリスの家計簿診断」大募集!

あなたの家計簿をファイナンシャル・プランナーに診断してもらいませんか? ”名前を出したくない”という方もOK。下記のフォームまで、ふるってご応募ください。

監修【花輪陽子

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)。

青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、外資系の投資銀行に勤めるもリーマンショックの影響で失業。猛勉強の末にファイナンシャル・プランナーとして独立し、現在はシンガポールを拠点に活動している。著書に『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)、『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』(マガジンハウス)、 『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)、『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)など。

岩本 恵美

岩本 恵美

フリーランサー(編集・執筆、たまに翻訳)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ