ハピネス

2015.06.21 UP

「ハラルフード」とは?愛される知的女子になるための基礎知識

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000027404627_Small

メディアで耳にする機会が増えてきた「ハラルフード」。どんなものかご存じでしょうか?

ハラルフードを理解するには、まずイスラム教を知る必要があります。

過激派によるテロ行為の影響で、イスラム教に対してネガティブなイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

一般のイスラム教徒は穏やかで、心温かくフレンドリーな人がほとんどです。

ここ最近はビザの緩和により、東南アジアから日本へ遊びに来る人が増えているそうです。

彼らは食べるものに制限があるので、日本でもイスラム教徒が食べられる「ハラルフード」を扱うレストランが増えてきました。

そこで今回は、知的な女性を目指すべく「ハラルフード」に詳しくなりましょう!

 

ハラルフードって?

iStock_000024243991_Small

ハラルフードとは、イスラム教徒が食べてよいとされる食品のことです。

よく国内のメディアで「ハラルフードってヘルシーな食べ物なんです!」といった声も耳にしますが、マクロビオティックやパレオダイエットなどの食事療法とはまったく別物です。

 

加工品のハラルフードには、ハラル認証マークが付いています。このマークを目印に「食べてOKかどうか」を判断します。

認証マークは国や機関によって異なるので、なかなか判断が難しい面もあります。

 

halal

マレーシアのハラル認証マーク/Image by Halal Malaysia

 

halal2

シンガポールのハラル認証マーク/Image by Majlis Ugama Islam Singapura

イスラム教徒の絶対数が少ないためか、イスラム教徒の友人たちからは「中国や日本のハラル認証マークは信頼できない」という声も聞かれました。

また、ハラル認証マークのステッカーが貼ってある「ハラル対応レストラン」は、イスラム教徒がレストランを選ぶ際の判断基準となるものです。
halal3

Image by McDonald’s® Malaysia

マレーシアを始め、イスラム国家ではファーストフード店でもハラルマークが見られます。

 

豚肉やお酒は「ハラム」

iStock_000060807074_Small

学生時代に授業で「ヒンズー教=牛肉NG」「イスラム教=豚肉NG」と習った人が多いと思います。

イスラム教の聖典『コーラン』では、豚肉と酒が禁じられています。

イスラム教徒が口にできるものを「ハラル」と呼ぶのに対し、口にしてはいけないものを「ハラム」と呼びます。

豚肉以外のお肉に関しては、イスラム教の教義に従った方法で屠殺(血抜き)したものでなければ食べてはいけない、という決まりがあります。

 

ゼラチンやポークエキス、ラードなどの豚の加工品も、もちろん厳禁。

 

マレーシアに住むイスラム教徒の友人宅では、豚肉を炒めたフライパンを使って調理するのも絶対ダメ、お酒は絶対に飲まないし、飲ませないという徹底ぶりでした。

「どうして?」という疑問が浮かんできそうですが、アッラー(イスラム教の神様)が定めた決まりなので、イスラム教徒なら守るべき当たり前の事柄なのです。

ただ、信仰の度合いによっては気にしない人も時折見かけます。

アメリカで出会ったイスラム教徒の友人はお酒も飲むし、豚肉も少しだけなら食べていました。

 

意外に身近にあるハラルフード

iStock_000059802466_Small

野菜や果物、魚にハーブやスパイス、量り売りのパスタやお米にはハラル認証マークはありませんが、身近にあるハラルフードと言えます。

豚肉代わりに使える「テンペ」などの豆の加工品も、そのなかのひとつ。

 

またマレーシアやインドネシアでは、お酒を飲まないせいかジュースやお茶などのドリンク類がとても充実しています。なかでも美容成分たっぷりのハイビスカスジュースや、レモングラスティーは絶品! 手軽に美味しくいただけるため人気があります。

 

ハラルフードだからといって、それほど構える必要はなさそうだと思いませんか?

新大久保にはハラルフードを扱うお店が多く並ぶ「イスラム横町」なる場所があるそうです。一度足を運んでみると、イメージがつきやすいかもしれません。

 

時事ネタは知的女子のたしなみのひとつ。ビジネスのシーンでも、きっと役立つはずですよ。

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ