ハピネス

2014.06.13 UP

6月は連休がないって最悪だよね!「ストレス解消」の根本

LINEで送る
Share on Facebook

77cd6959e272523c06fb08c0b87a9276

以前、医学博士が「ゲームは煙草やお酒とおなじで中毒症状を引き起こします」と、どこかに書いていました。スマホ中毒という言葉もあるようで、スマホだって、触っていないと落ち着かないというのは、もはや中毒なんだそうです。

こういう仕事をしていたら、今、どのくらいのひとがこの『アンジー』をお読みくださっているのかが、ものすごく気になります。こういうのは、いわゆる「管理画面」でわかるわけですが、管理画面を始終チェックするクセがついてしまいます。

ああこの記事はヒットしているなとか、このタイトルでは、さほど読まれないのね……とか、*時と*時に、すごく読者が流入してくるんだなとか、いろいろと仕事に役立つ情報が多いので、本当に中毒になるほど、仕事をさせていただきましたとさ。

 

で、それでどうなるかといえば欝っぽくなってきたので、6月の第1週目は思い切ってお休みにしました。どこに出かけたというわけでもないのですが、お休みにしました。パソコンは見ない。触らない。それでもスマホは持ち歩いているわけで、ちょこちょこと見ていましたが、メールの返信はしない。よほどのことがない限り『アンジー』も見ない。こういうことをやってみようと思ったわけです。

 

その昔、ポケベルが普及していた頃、首に鈴をつけられているようだから持ちたくないと言っていたひとは大勢いました。営業マンのなかには、「ちょっと暇な時間にパチンコ(あるいは昼寝)」というのができなくなるからポケベルを持たないと豪語するひともいましたが、そのひとの営業成績が悪かったかといえば、そうでもない。

 

今日もアンジーをお読みくださりありがとうございます。

他者との距離の置き方によって、「どんな仕事ができるか」というのが決まってくるのではないかと思います。

極端な例であり、なおかつ、私事で恐縮ですが、今、(売れない)小説を書いています。前作2本は、仕事が超暇なときに書いたので、こんなこと、思いもしませんでしたが、小説は外界と密につながっているときに書けないですね……。他人とお喋りしながらフルマラソンを走れないというのに似ているように思います。

ひとりじゃないとできないことをやってみると、意外としあわせだなあと思えるのかもしれません。小説が売れてくれればなおしあわせですが、これはまた別の話です。

 

Photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ