ハピネス

2014.05.22 UP

モテない女性の共通点~『美味しんぼ』に見るおいしくない女性

LINEで送る
Share on Facebook

afce984a1f4f55e89067717cc74a73c7

この原稿を書いているとき『美味しんぼ』が問題になっています。

なにが問題になっているのかご存知の方も多いと思うので、事のいきさつは細かく書きませんが、要するに「福島県」という言葉と「原発」「鼻血」という言葉を一緒に書いたら「ちょっとそれはマズイだろう」という意見が出てきたというようなことです。

 

『美味しんぼ』の著者は、福島県に何回も足を運んで取材をし、漫画をお書きになったと報道されています。それに対し「風評被害が懸念される」という言い方をする識者もいます。

取材をしてお書きになっているわけですから、鼻血が出ているのは、おそらく事実なんだろうと思います。全員が鼻血を出しているわけではなく、一部のひとが鼻血を出しており、その事実を事実として素直に表現なさったのだろうと思います。

 

放射能の影響では鼻血が出ないとい言う識者もいます。漫画にもそのようなことが書いてあります。

なにが「正しい」のか、素人にはよくわからないものの、ひとの噂が風に乗って、いい噂ならOKだけど、ネガティブな噂ならちょっと困るというひとがいるというのも、理解できます。

 

漫画は鼻血のくだりの前後があるので、ここでは細かいことを書くつもりはありません。

ただ少数派の意見が「風評被害を懸念する」がゆえに消えかかっているということはどうなんだろうと思うわけです。

漫画家が取材もしていないのに鼻血のことを書いたのであれば、問題ですが、そうではない。取材をし、聞いたまま、見たままを書いて、それを隠そうとするのはどういうことなのかが、よくわからない。

 

こういうWebコラムの世界にも、「少数派の意見の問題」はあります。

Webコラムは「グーグルにいかに評価されるか?」という評価軸も併せ持っているので、とにかく識者の意見とか、蓋然性のある記事が求められます。

するとどうなるかと言えば、たいていの場合、少数派の意見が消えて、最大公約数をとったような意見が書いてある記事になり、現在、みなさんが任意のワードでググったらわかるように、似たような記事が上位からだ~っと並びます。

 

メディアは多数派につくべきではないと昔から言っているひとに久米宏さんがいます。

彼はアンチ巨人です。理由は多くのひとが巨人ファンだから。それだけであり、巨人軍に恨みがあるわけではない。

 

我田引水的な言い方で恐縮ですが、ぼくは恋愛について取材しています。

できるだけ少数派の意見を拾って、より読んでいただけるように軽妙にアレンジを加えて記事化しています。

数字ありきの世界だからそうしているというだけでなく、一般のひとのきらりと光る「なんでもない言葉」には反骨精神があり、それがすなわち「少数派の意見」であり、取材対象者が若くても老年であっても、そういう言葉は拝聴するに値するものです。

 

きらりと光る「なんでもない言葉」を持つ女性は、ぼくの取材によると、たいていモテている女性です。

 

Photo by Pinterest

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ