ハピネス

2013.12.24 UP

婚活の穴場発見!転職で一流企業の商社マンをゲットしたOL!

LINEで送る
Share on Facebook

a090972ad77083ace9a3637618bc1f13

「この先もずっと、私はこのままなのかな……」なんて思うことありませんか? 特にやりがいも無く続けてきた仕事をしていたり、出会いがないためズルズルと恋人がいないまま30代に突入していたりなんてときに……。

私も日本にいた頃は同じような思いを引きずっており、ゲームのリセット・ボタンを押すように、プチっと人生終わってしまえ、なんて考えていました。

 

そんな中でえーいと日本を飛び出しインドで転職に成功。今では人生が楽しすぎて、時間がいくらあっても足りないくらい。

インド建国の父、ガンディーも言っております。「Be the change you wish to see in the world(世界に変化を望むなら、あなた自身がその変化になりなさい)」と。

変化を望むなら、自分自身がその夢に描いている将来像に向けて一歩踏み出さなければ。いくら待っていても状況は変わらないと思うのです。

 

「一流企業の商社マンをゲット」も夢じゃないかも!

さて、「大企業の海外勤務OL」だとか、あるいは「一流企業の商社マンをゲット!」なんて夢を抱いている方はいませんか? そんな貴女におすすめなのが「インドで転職」の道。

インドに進出している日系企業の多くが、 日本人の女性を現地採用(日本の本社ではなく海外支社に雇用される形態)として雇用したがっています。他のアジア諸国と比べ、まだまだインドに来る日本人女性は少ないため競争率もかなり低め

 

また、「現地採用なんて給料が心配…」なんて思う方もいると思いますが、現在は法律により年間25,000ドル以上の給与でないと雇用ビザが降りないため、最低給与額は月々20万円ほどという規定になっているのです。現地での生活費は贅沢をしなければかなり安く抑えられるので日本で働くより貯金が出来る可能性も。

 

もうひとつのポイントは婚活のしやすさ。数少ない日本人同士、出会いの場は山ほどあり打ち解けるのにも時間はかかりません。また最近では独身の若い男性が駐在員として来ているケースも多く、現地で働く女性が若手駐在員とゴールイン! なんて話はめずらしくありません。(これを目当てにインドで転職、なんて言ったらマジメな先輩方に怒られそうですが)。

 

インドで転職。興味のある方はインドに進出中の日系人材紹介企業に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

「インドでキャリアアップ」はあくまでいち例ですが、この広い世界、働く場所は日本だけじゃないと思います。もし自分の好きな国で働いてみたい、なんて気持ちが少しでもあるなら、あきらめずにその道を模索してみてはどうでしょうか?

 

photo by Pinterest

飯島 綾子
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ