ハピネス

2013.12.24 UP

女性ひとりでも楽しい!「30代女性がひとりで映画を楽しむ方法」

LINEで送る
Share on Facebook

 4e593af4a6fb3bc3f2f6cb56660e8285

ひとりで行動する女性は増えているように思えますが、まだまだ映画館で若い女性がひとりで映画を見ている、というのはあまり見かけません。

特に田舎では。若い頃は、女性ひとりで映画を見るといった感覚がなく、映画は大好きな彼と観に行くものと勝手に思い込んでいました。

大学生になったばかりの頃、憧れの先輩との最初のデートは映画でした。正直なところ舞い上がって、映画どころではなかったのを思い出します。

隣に座って、肩が触れそうで触れないとか、お腹なったらどうしようとか、映画のストリートとはなにひとつ関係のないドキドキが2時間。

楽しかったというより、お疲れ様感が強かったです。

 

その後、コラムか何かで、最初のデートに映画に行くのは愚かだと書かれているのを読み全くその通りと思いました。

2時間も無言でただ並んで座っているだけなんて、お互いを知るには無駄な時間です。その後はデートに映画を選ぶことは少なくなりましたが、ある男性と話題の映画に行って以降、映画はひとりで観ようと決めました。

映画を観ながら、くちゃくちゃポップコーンを食べる。あいつがあやしいんちゃう?」と上映中に話しかける。エンドロールが終わらないうちに席を立つ。全てが興ざめでした。

 

映画だけでも2時間あるのに、その前から待ち合わせして、映画の前に食事してなど結構な時間を取られます。なるべく効率よく時間を使いたい私。観たいと思った時にパッと観に行くにはひとりに限ります。

 

映画は、平日のレイトショー。ギリギリまで仕事して、簡単に食事は済ませ、上映中は物を口にしない。田舎の映画館、平日に満席になることなどないので、左右の席も空いていてゆったり。

暗くなる直前まで、スマホを触ったり、読みかけの本を読んだりできます。泣ける映画も遠慮なく泣け、エンドロールが終わって明るくなるまで席に座っていられる。終わった後は、じっくり余韻に浸りながら夜道を帰る。

 

これほど贅沢な時間があるでしょうか。

30代にもなって、ひとりで映画に行くなんて淋しい女なんて思ったりしてないでしょうが、まだまだ抵抗のある人も多いのかも。

でも、一度ひとりで映画を観ると病みつきになりますよ。そんなに映画好きでもなかった私ですが、今では映画好き。

ひとりで観ると、台詞や映像だけでなく、細かいところまで観えるようになっていっぱしの映画通になったような気になります。「映画っていいな」と思っている自分になっていて不思議です。

 

photo by Pinterest

ASAMI
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ