ハピネス

2015.06.02 UP

美容に最適な「バナナ」バナップル、スポーツ・バナナって?

LINEで送る
Share on Facebook

Portrait of young woman peeling banana in house

小腹が空いたときや、朝食にぴったりのバナナ。

たんぱく質やカリウムなどの栄養素が、バランスよく含まれているだけでなく、美容に効果的なビタミンB類も豊富です。

身体に良いためか、スターバックスではバナナを売っているところもあります。

ほんのり甘いバナナは、確かにコーヒーとの相性も良いし、何よりスイーツを食べるよりもヘルシー! ちなみにバナナは1本、約86kcalだそうです。

今回はバナナ好きなら知っておきたい「バナナ豆知識」をお届けします!

 

さっぱりから濃厚まで!奥深すぎるバナナの世界

Bananas

世界には、約1,000種類ものバナナが存在すると言われています。

種入りのもの、ブロンズ色の皮をしたもの、短くて太いものなど、色も形もさまざま。そして1番の違いは「味」。

さっぱりしたものから、とても甘くて濃厚なものまで、ひとくちにバナナといっても色々あるのです。

 

デザートバナナとは?

iStock_000061367206_Small

わたしたちが普段口にしている黄色いバナナは、一般的にデザートバナナ(生食用バナナ)と言われる甘いタイプのもの。

国内で広く流通しているのは「キャベンディッシュ」という品種ですが、デザートバナナにもさまざまな種類があります。

甘みの強い「モンキーバナナ(セニョリータ)」や、沖縄で見かける「島バナナ」などがその一例。

 

banana1

Image by バナナ大学

 

【バナップル】リンゴ味のバナナがおいしい!

iStock_000047512692_Small

ここ最近、話題を集めているのが、「バナップル」というりんごのような味のデザートバナナです。

よく見かけるバナナよりも太くて短く、後味がりんごっぽいのが特徴。デザート感覚で食べる、ちょっと贅沢なバナナです。

取扱っているお店もあるようですが、都心のスーパーやコンビニではあまり見かけないかも。

気になる方は、フルーツ専門の通販サイトを覗いてみてはいかがでしょう?

 

【スポーツ・バナナ】忙しい時のエネルギー補給!

iStock_000058508826_Small

疲労回復効果のある「クエン酸」を豊富に含むデザートバナナとして、人気を集めているのが「スポーツ・バナナ」。

国内に流通している一般的な「キャベンディッシュ」種とは異なる「ラカタン」という品種です。

こちらもバナップル同様、甘酸っぱい味が特徴のよう。

 

【調理用バナナ】ホクホク食感がたまらない!

iStock_000024840998_Small

東南アジアや南米、アフリカでは、緑色の調理用バナナをお米代わりにしている地域もあります。

調理用バナナにも種類はたくさんありますが、「プランティーン」と呼ばれるものは巨大!!

調理用というだけに、加熱して食べるのが一般的。黄色く熟したものを調理します。

 

banana2

Image by バナナ大学

加熱した調理用バナナの、ホクホクした食感はたまりません!

 

健康や美容のためにも、積極的に食べたいバナナたち。旅先や店頭で見慣れないバナナを見かけたら、ぜひ味見してみてくださいね。

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ