ハピネス

2015.04.17 UP

命の次に大切なスマホが壊れて放心状態?スマホケースは心も守る

LINEで送る
Share on Facebook

トップ

大切なモノを壊してしまった経験、あなたにはありますか?

貴重なものであればあるほど、なぜか壊してしまうことって、あるのではないでしょうか……。モノに限らず、たとえば恋愛だって。

 

アラサーの妙齢のわたしたちが、「一番大切なモノ」を壊してしまった経験について、今回は話し合ってきました!

 

だれもがある、大切なモノを壊してしまった経験。

150324_025

メガネやお財布など、身のまわりの小さなものから、「絶対に壊してはいけなかった」モノまで、破壊経験があると語るみなさん。

なかでも二人のブロガーさんがあげた電化製品、とくにパソコンが印象的でした。

 

稼働率の一番高かったパソコンが壊れ、作っていた楽曲が消えた(阿部さん・20代/タレント)

ある日突然画面が真っ黒になってそのまま動かなくなった(李さん・27歳/通訳、PR)

 

みなさん納得する、ショックの大きさ。

パソコンで仕事をするのが基本スタイルの人が多いと思いますが、突然ブラックアウトするなんて、ありえない事態でしょう。

 

いま最も壊れちゃヤバいモノとは・・・

150324_027

普段わたしたちが使っている電化製品で、パソコンよりも壊れちゃヤバいモノといえば ……そう、スマートフォンではないでしょうか。

 

通信手段としてはもちろん、カメラ代わり、メモ代わり、スケジュール代わりと生活全てをスマホに頼っている人も多いはず。

また、表面に傷がついていたり、画面が割れているスマホは見た目も美しくなく、「だらしない」、「女子力が低い」と思われてしまうこともあります……。

 

スマホが壊れたら困ることって、みんなわかるよね〜

150324_003

あなたが今スマホを壊したり傷つけたらなぜヤバいのか、みなさんに聞いてみました。

 

「一番は写真データが消えること! 忙しくてこまめにバックアップを取っていないので……」(田中さん・31歳/読者モデル)

「ブログに使う写真も、デジカメじゃなくてスマホで撮っているので、写真が消えたらブログも書けなくなる!」(阿部さん)

 

と写真に関することが多く挙げられました。

デジカメよりも性能の良いカメラがついているスマホもあり、最近ではカメラといったらスマホというのが常識になっていますよね。

 

150324_057

トイレに行く時ですら、肌身離さず持つくらい、スマホは連絡手段として大切です。壊れたら仕事が全くできなくなる」(黒田さん・29歳/自営業)

 

たとえばアポの待ち合わせ場所を確認したり、電話やメールをしたい時も、スマホが使えないと困ってしまいますよね。わかります。

 

もちろん機能的なロスも痛手ではありますが、「スマホが壊れたら泣く! しばらく放心状態になる!」と感情面での喪失感も大きいことがわかりました。

積み重ねてきた情報が消えることの絶望感は、だれもが想像できるでしょう……。

 

スマホが壊れると、実際にはこんなことが・・・

150324_050

「池に落としたことあります。その時なぜかカメラが起動していて落とす寸前の、自分の顔が写るという奇跡が起こりました」(田中さん)

 

奇跡の一枚!? とも呼べる写真! その後ドライヤーで乾かしたりしたそうですが、数日後には、帰らぬスマホとなってしまったとか

 

150324_058

「布団の上にスマホを置いていたことを忘れて、ベランダで布団をバサバサっと干したところ何かが飛んだ。まさかとは思ったけど、階下になにか落っこちている。

高層階に住んでいるので、慌てて望遠鏡で下を覗いたら……死亡しておりました……(李さん)

 

これには座談会メンバー一同大爆笑!

こんなまさか! という事件が実際に起きることもあるんですね。

 

あなたは守ってる? 見た目重視or機能製重視のケース事情

150324_035

そんな命の次に大切なスマホを守るには、まずはケースをつけるしかない! ということで皆さんのスマホケース事情もリサーチ。

 

「かわいいキティちゃんがお気に入りなんです。ケースが大きいので、意外とスマホを守ってくれます。大きすぎて、街を歩いているとよく突っ込まれますが」(阿部さん)

 

確かにこれは、コメントしたくなる派手さ! しかし、ポッケに入らないなど、大きさがかえって仇となることもあるそう。

 

150324_031

最近はもっぱらシンプル派。これは落としてもヤバそうな音がならず、機能的にも気に入っています」(田中さん)

 

スマホをがっちりとホールドして守ることに長けたスマホケースですね。シンプルでメンズっぽいデザイン!

おしゃれ重視か、機能重視か、ここは究極の悩みどころと言えそうです。

 

スタイリッシュにプロテクション!いま絶対つけたいケースがここにあり!

150324_130

そんなおしゃれと機能性をドッキングしたスマホケースが、アメリカでシェアナンバーワンである『OtterBox(オッターボックス)』。

一部製品で「トラックが踏んでも壊れない」なんてCMを打っているほど、頑丈なことで有名ですよね。

 

その中でも特にスタイリッシュなシリーズ「Symmetry」を実際にみなさんに見ていただきました。

 

150324_001

インポートっぽい色使いで、これはおしゃれに敏感な日本人にヒットしそう!」(李さん)

 

「究極のシンプル」「究極の自分らしさ」を演出するケース

150324_117

そして今回、このSymmetryシリーズから新しく発売される「My Symmetry」を初お披露目!

 

こちらは自分好みにカスタマイズできることが最大の魅力。もちろん丈夫さはお墨付き。

こちらもみなさんに見てもらい、どうカスタマイズしたいか聞いてみました!

 

150324_096

「いま流行っているマスキングテープをつかって自分好みにしてみたら、かわいいかも」(田中さん)

 

実際にサクッと作ってみてもらいました!

これは自分だけのオリジナルな感じが出ていいですよね。

 

150324_083

「わたしは普段、バッグなしで出かけたいので、ケースの中にスイカとスタバカード、お札を入れて、バッグ代わりにしちゃおうかな」(李さん)

 

これには一同いいかも! と納得。My Symmetryはケースが外しやすいところも魅力なんです。

また、オッターボックスには「コミューターウォレット」というカードや紙幣を入れられるシリーズもあります!

 

150324_047

「でもこれ、このまま何もしなくても十分かわいいよね(黒田さん)

 

私もスタイリストとして意見を言わせていただくなら、ファッションでもシンプル、ノームコア(究極のシンプル)が世界的なトレンドの今、こちらのケースは邪魔するロゴさえない、今なう! なデザインと言えます。

 

黒以外にも、ブルー、グレー、レッド、ピンク、とカラバリも豊富です。好みに合わせてチョイスしちゃいましょう!

 

150324_147

「引き算のデザイン」で持ち手のスタイルを邪魔せず、かつ自分の好みに足し算することも可能なSymmetryシリーズ。

究極に大切なモノを、究極に自分らしく守ってみてはいかがでしょうか?

 

My Symmetry (全4色/ 近日日本発売予定)

slack_for_ios_upload_720

※参考: OtterBox(オッターボックス)

Photo by GOTA

森田 文菜

森田 文菜

スタイリスト/ファッションコラムライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ