ハピネス

2015.03.16 UP

脱オバさん化!いつまでも若々しい人と「劣化の激しい人」の違いって?

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000021135706_Small

年齢を重ねても「若さを保つ」女性と、アラサー世代なのに「明らかに老けて見える」女性。

40歳を過ぎると、劣化の激しい人とキレイな人の差はかなり顕著かも。

 

両者の違いはどこにあるのでしょう?

男性も女性も、容姿で勝負できるのは20代まで。

それを過ぎたら、ライフスタイルや生き方が「見た目」を左右するのではないか、とわたしは思います。

とはいえ、客観的に見ると世間が「オバさん」とする年齢もあるようで……?

 

「オバさん」の年齢が明らかに!

chart
Image by バズプラスニュース(Buzz+)

男性300人を対象にしたアンケート調査によると、女性がオバさんに見えるのは35〜36歳です

女性のわたしたちからすれば「30代半ばなんて、まだまだ若いじゃないのよ」という気もしますが、世の男性たちはシビア。

 

しかし、オバさんと思われてしまうのは、外見だけの話でなく、多くの場合、中身に原因があるようなのです!

 

【男性目線】アラサー・アラフォー「オバさん」の特徴って?

iStock_000041240474_Small

女性の「内面から」オバさん化現象を感じる男性が多いようです。

とくに、羞恥心を失った女性は、確実に「オバさん」という意見も。

 

たとえば、ひとりで外食しているときに「すみませーん!」「ちょっと、まだ?」なんて、大声で店員さんを呼んだりしていませんか?

休日にノーメイクなのに平気で近所をうろついたり、カフェで気づかぬうちに大股を広げて座っていたり……。

また、若く見られたいからといって、流行語を無理矢理使ったりする姿勢もイタイと思われがちみたい。

 

年齢相応の振る舞いをしていた方が、ずっと素敵に見えます。

女性たちの赤裸々な言動を、男性は案外見ていますから。

 

いくつになっても若々しい人との違いは?

iStock_000052892632_Small

これはずばり「女」を意識して、毎日を過ごしているかどうか、に答えが隠されているようです。

 

ひとりでいる時もキレイを意識して過ごす、体型を保つ努力をする、若作りではなく「今のわたし」に似合うメイクやファッションにチャレンジする、楽しい時間を増やす、などの心がけが大切!

 

若々しさを保つには、日々の努力が必要なのです。

オバさん化の回避策は「女を忘れないこと、日々の努力、そして人生をエンジョイする」でしょう。

 

「いくつになっても、変わらないね」と学生時代からの友達から褒められたり、会社の後輩から「●●さん、いつもオシャレで素敵です」なんて言われたら、誰でも悪い気はしないと思います。

 

30代も40代も自分らしく、自信を持って生きていけたら、オバさんなんて言われないはず……だとわたしは思うのですが、みなさんはいかがですか?

 

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ