ハピネス

2015.01.26 UP

「疲れてるのに眠れない・・・」は要注意!あなたが太る理由

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000010753544_Small

みなさんは、毎日ぐっすり眠れてますか? 朝の目覚めはさわやかですか?

 

寒い季節は、体が冷えて不眠症になってしまうこともあります。

疲れてるのに眠れない。眠ろうとすればするほど、目が冴えるという経験をした方も少なくないでしょう。

 

睡眠が美肌に欠かせない要素なのは有名ですが、ダイエットにも関係していることをご存知でしょうか?

 

最近、肌が荒れてきたという人や、太り気味だという人は、睡眠を見直してみると良いかもしれません。

健やかな睡眠を手に入れて、睡眠美人を目指しましょう。

 

疲れているのに眠れないワケ

iStock_000038125568_Small

終電間際まで忙しく働いて、体も心も疲れているのに、なぜか眠れない。

それはスマホやパソコンの見過ぎかもしれません。

 

人の眠りは明るさによってコントロールされています

夜遅くまでスマホ、PC、タブレットなどの明るい画面にさらされると、睡眠ホルモンのメラトニンが減少して入眠が妨げられます。

 

メラトニンの分泌が減ると、睡眠の質が落ち疲れもとれにくくなります。

できれば睡眠の2時間前には、これらの電子機器の使用は止めるのがベター

 

眠れないからとスマホをいじっていること自体が、眠りにくい状態を作ってしまう結果に。

 

熟睡するとそれだけでダイエットに

iStock_000046075934_Small

実は今、寝るだけで痩せるというダイエット方法が注目されています。

 

睡眠中に出される成長ホルモンや食欲コントロールの働きをするホルモンが関係して、健やかな睡眠を得ることで痩せ体質になる可能性があるのだとか。

 

成長ホルモンは入眠後3時間程度で活発になるホルモンで、細胞の生成を促進して体の代謝を高め、脂肪燃焼を促進させます。

また「レプチン」という食欲抑制ホルモンは、睡眠を7~8時間程度とると活発になりますが、逆に睡眠不足になると「グレリン」という食欲を増進させるホルモンが優勢になり、太りやすくなります。

 

つまり、健康的な睡眠がとれている人は、それだけで太りにくいということです。

 

睡眠環境にこだわって寝具を変える

iStock_000026870052_Small

今は睡眠の質にこだわる人が増えていて、芸能人やスポーツ選手などが使用しているエアウィーブやトゥルースリーパーなどの高機能マットレスも人気です。

 

また、枕も快眠の大事な道具。

まくら専門店で自分にぴったりの枕を選んでもらったり、オーダーメイドで枕を作ってみても良いでしょう。

 

体が縮こまって疲れやすい季節だからこそ、質の高い睡眠で疲れを溜め込まないことが大切です。

 

週末の寝溜めをやめる

iStock_000025706708_Small

独身のアラサー女子のお楽しみといえば「週末の寝溜め」です。

温かい布団の中で、二度寝、三度寝を繰り返しながら、昼ごろまでベッドで過ごすのは至福の時間です。

 

しかし、この一時の至福が、健やかな睡眠を妨げる原因になっています。

たとえ週末だけとはいえ、昼まで寝ていると体内時計が狂い、寝る時間がずれてしまったり、眠りが浅くなることも

 

週末だけの寝坊生活は、便秘など体調不良の原因にもなるので要注意です。

遅くとも9時までには起きて、朝食を食べるようにしましょう。

 

iStock_000039082876_Small

いかがでしたか。

気持ち良い眠りを、想像するだけでもうっとりしてしまう方もいるのでは?

 

健やかな睡眠は、体にも心にも、嬉しい効果がたくさんあります。

充実した生活は、健康な体と心があってこそ。

 

快眠は開運の第一歩。

今年一年の運気をあげるためにも、さっそく睡眠を見直してみましょう。

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ