ハピネス

2013.11.19 UP

フリーランスに転向して成功する人の特徴5つ【前編】~派遣社員からフリーランスになった私が教えます!~

LINEで送る
Share on Facebook

23b6005b9c6681b53f0ffc8e2a2cec22

「派遣っていつ切られるかわかんないしなー」
「私の人生、この会社でなんとなく終わるとか嫌だなー」

なんて思っているANGIE女史のみなさん!

フリーランスという働き方はいかがでしょうか?

「ひとりで働くなんて、私にはムリムリ!」そんな声が聞こえてきそうですが、実はそんなに難しくありません。

かくいう私も、派遣社員からフリーのライターになった口ですから。
でも、最近思うんです。この働き方には“向き不向き”がある、と。

 今日はそんな、フリーランスという働き方を選択しても生活できる、いわば「フリーに向いている人はこんな人!」というお話をしたいと思います。

 

まずは、私のお話を少々。リアルに派遣社員からフリーランスになった経緯をお話することで、みなさんが独立した時のイメージを膨らませてもらえたら嬉しいです。

私がフリーランスとして働いている職種は、ライターと呼ばれるもの。ライターになろうと思ったのは、“文章を書くのが上手いと褒められたから”。

たったこれだけの理由で、働きながら学校まで行って就いたweb制作の道をあっさりと捨て、大手出版社に潜り込みました

いや、正確にはweb制作の道は捨ててはいません。大手出版社には、web制作で潜り込んだのですから。

そして面接の時にこう言いました。
「私、ライターになりたいんです。制作するんで、ライター的な仕事させてもらえませんか?

後に上司となる女性は、「……慣れてきたらそういうことも頼みたい……かな。でも今は、webの制作を募集してるから。ほら、ね?」と引きつった表情で答えたのでした。

今になってわかります。その時の私は、なんて怖いもの知らずだったか、と。

怖いもの知らずはフリーランス向き!?>>>

 

大西 マリコ

大西 マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ