ハピネス

2014.12.25 UP

年末太り撃退!蕎麦と薬味の相乗効果で「温蕎麦ダイエット」

LINEで送る
Share on Facebook

imasia_4332574_M

寒い日には、温かいスープ麺が美味しく感じますね。

ラーメンにうどん、蕎麦の選択肢があった場合、みなさんはどの麵料理を選びますか?

 

スリムなボディと美肌を目指すなら、温蕎麦を選ぶのがベストです!

麺自体のカロリーはラーメンやうどんとあまり変わりませんが、そば粉には小麦粉からは補えない美容成分が含まれているのです!

 

年越し蕎麦を心置きなく食べるためにも、そばが美容やダイエットに効果的な理由を見ていきましょう。

 

蕎麦がカラダに優しい理由

soba2

ラーメンやうどんには精製された小麦粉が使われるのに対し、蕎麦は栄養たっぷりの実を皮ごと挽いてそば粉にします。

 

これは「白米と玄米の違い」に似ています。

精製された小麦や白米と比べ、蕎麦や玄米はGI値の低い食品です。

GI値の低い食品は血糖値をゆっくり上げてくれるため、脂肪になりにくいと言われています。

 

お通じをよくする食物繊維もたっぷり含まれるので、便秘がちの人にもおすすめ!

 

また、そば粉にはビタミンやミネラルが豊富に含まれるほか、アンチエイジングに効果的な「ルチン」がたっぷり!

ルチンはポリフェノールの一種で、体内の酸化を抑える働きがあります。この成分は小麦粉からは摂ることはできません。

 

蕎麦がダイエットや美容によい理由が分かりますね。

そばの成分を余すところなく摂取するためにも、自宅で蕎麦を茹でる際にはそば湯を飲む習慣も、ぜひつけておきましょう。

 

さらなるダイエット効果が見込める薬味

imasia_12419516_M

ざるそばよりも、代謝を促す温蕎麦の方がダイエットには適しています。

 

温蕎麦の味を引き立て、さらなるダイエット効果が期待できるトッピングなら「七味唐辛子」「生姜のすりおろし」「刻みねぎ」がおすすめ!

唐辛子の発汗作用、生姜やねぎの温熱効果で代謝を促します。

 

温蕎麦を飽きずに食べるアイディア

imasia_7097452_M

1週間に何回か温蕎麦を食べる場合、同じ薬味では飽きてしまいますよね。

 

そんな時には「ねぎ×卵」や「天かす×干しエビ」などはいかがでしょう?

 

imasia_4332574_M

低カロリーで食物繊維たっぷりの「ワカメ」もオススメのトッピングです。

栄養たっぷりの「ねぎ」は薬味としてだけでなく、ざっくり切ったものを蕎麦つゆで煮込んでも美味しいですよ。

仕上げに良質なたんぱく質を含む「」を落としてみましょう。

ねぎと卵の相乗効果で、美肌を目指します!

 

時にはボリュームたっぷりの天ぷら蕎麦が食べたい日もあります。

そんな時には「天かす」と「干しエビ」を適量混ぜ合わせたものを大さじ2程度トッピングしてみましょう。

海老の天ぷら2尾に比べて、カロリーを半分近く抑えることができます

 

刻みねぎを添えれば、彩りもバッチリ。

体にいいこと尽くめの蕎麦、年越しだけでなく普段の食卓にも取り入れたいですね!

 

※参考: そばの散歩道

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ