ハピネス

2015.01.14 UP

フリースではない!?「良質な睡眠」をとるためのパジャマとは?

LINEで送る
Share on Facebook

8a4893efc086704e751b9b8319ddf5d9

私は、「冬に眠る」のが大好きです。

冷えた体が熱であたたまりはじめ、寝入る直前「この世の天国かも〜」と思いながら意識を失うことがよくあります。

 

ところで、みなさんはどんな格好で寝ていますか?

私は、もこもこしたフリース素材のルームウェアでそれまで寝ていたのですが、汗びっしょりで夜中に起きることが何度かあり、綿のパジャマにかえたところ、朝までぐっすり眠れるようになりました。

 

なぜ、フリース素材では「良質な睡眠」がとれないのでしょうか

 

フリース素材をパジャマにしないほうがいい!?

iStock_000024718616_Small

眠っているときには大量の汗をかくことは、すでにご存じの方も多いはず。

良質な眠りを確保するためには、ナイトウェアは汗を吸う素材であることが大事ですが、フリースは汗を吸いにくく保温性が高い素材です。

 

フリース素材のパジャマを着て寝ると、私のように自分の体の熱がこもり、汗だくで目が覚める……という現象がおきてしまいます。

 

こうした事態を避けるためにも、眠るときには綿・シルク・ガーゼのように吸湿性がよく、汗を逃しやすい通気性の高い素材のものを着るようにしましょう。

 

体温調節を手助けしてくれる「コットンパジャマ」

166238-0

(Photo by ピープルツリー

 

綿(コットン)のパジャマは万能です!

肌への刺激も少なく、お手入れもしやすいし、着用シーズンにも幅があります

 

けれど、中には「肌トラブルもないし、やっぱりあたたかいからフリース素材が着たい!」という方もいますよね。

 

そんなときはフリース1枚だけを着ることは避けて、綿のキャミソールを肌着として着用する、もしくはワンピース型のフリースウェアでも、ボトムは綿のズボンにするなどの工夫をするといいでしょう。

 

iStock_000018735021_Small

着なれたものがイチバン! という人もいますよね。もちろん、ぐっすり眠れているのであれば問題ありません。ただフリース素材のウェアで「眠りが浅い」と感じている人は、ぜひ綿やガーゼ、シルクといったパジャマを試してみてはいかがでしょうか?

 

ぐっすり眠って、ハッピーな朝をむかえましょう!

 

※参考:gelato piqueピープルツリー

Photo by Pinterest

すだ あゆみ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ