ハピネス

2015.01.15 UP

尽くしがちな女性必見!男に尽くしまくることの深層心理とは?

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000027967184_Small

大好きな彼とは、お互い愛し愛される関係でいたいものですよね。

でも、彼に喜んでもらいたいあまりに、 “尽くす女”になっていませんか?

 

カップルであればお互いに「何かをしてあげたい」という思いやりの気持ちを持つもの。

しかし、その思いやりの気持ちが「尽くす」という状態にエスカレートしてしまうと、二人の関係がイーブンではなくなってしまうのです

 

尽くされる環境になれてしまった彼は、やがてあなたにやってもらって「当然」という感覚になってしまいます。

 

そう、まるで何を行っても許される「母親」のように、あなたを感じてどんどん甘えが出てきてしまうのです。

そうなればもう女として見られなくなるのは時間の問題。

 

では、いつまでも愛し愛される関係でいるには、どうすればいいのでしょうか?

 

女性がやりがち!! 尽くしまくることの深層心理とは?

iStock_000054084674_Small

人は「人の役に立っていること」で無意識に安心感を得るのだそう。

なかでも、尽くしてしまうタイプの女性の多くは、「自分は必要とされていないのではないか」、「彼はそのうち離れて行ってしまうのではないか」という強迫観念にかられ、自分の居場を確かめるように、あれやこれやと相手に尽くしてしまうようです。

 

一見、彼のために行っていることでも、実は「尽くすこと」と引き換えに彼の愛情を確かめる行動になっているのです。

 

そんな不安定な状態では、穏やかな幸せや安心感は、いつまで経っても得られません。

「あなたがいてくれるだけでいい」と思ってもらえるような存在になることが、愛し愛される関係の最低条件でしょう。

 

いつまでも愛されるためには「ギブ&テイク」!

Close-up of a beautiful couple enjoying in parl.

与えてくれているから返したい、その気持ちがないと愛し愛される関係は、なかなか長くは続きません。

ですから、彼に頼れるところは頼って、対等な愛情を持てるような関係を築きましょう!

 

愛情は、サイズで測れるようなものではありません。

ですが、自分の方に負担が大きい恋は、やがてどちらか一方が崩れてしまいます。

 

いつも対等な関係を維持していれば、お互いに相手の存在が、希少なものになります。

手放したくないと思うようになるでしょう。

 

そんな唯一無二の女を目指して、ありのままの自分を愛してくれる恋愛をしませんか?

コマツ マヨ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ