ハピネス

2014.10.01 UP

編集部おすすめ

あなたも「秋バテ」じゃない?だるさや疲労感をおいしく解消する食材とは

LINEで送る
Share on Facebook

13fcc96001f79ffbc3603407d2afaeed

日中は暑いのに、朝晩は寒くなることも多い秋。体調がいまひとつだったり、疲れやすかったりする人も、いるのではないでしょうか?

ひょっとすると、それは「秋バテ」の症状かもしれませんよ!

 

疲労感やめまいなど、夏バテのような症状が秋に表れて、どんどん深刻になっていくのが秋バテです。あまり知られてはいませんが、秋バテは甘く見ると怖~い目にあうから、気を付けて!

 

「秋バテ」ってなに?

7132dc0493f655e9f328279b0a89a124

夏バテ、なら分かるけど、秋バテってなんのことだか分からない、という人もいるでしょう。

 

秋バテとは、涼しくなってきた秋以降に表面化する身体の不調のことで、「疲れやすさ」や「だるさ」、「食欲不振」などの症状が見られます。

夏にクーラーにあたりすぎて慢性化した身体の冷えや、不規則な生活で身体に溜めこんだストレス、そしてこの時期特有の、朝晩と日中の気温差や、暑い日と寒い日の寒暖差などが主な原因となります。

これらの原因から起こる秋バテは、放置すると悪化して、さらなる身体の不調を招きます。しっかりケアすることを心がけましょう。

 

秋バテを予防する方法は?

6c15014919093fd42f96da2d2ac601c5

秋バテを予防するには、身体を冷やさないようにすることが大事! 薄着で朝晩に身体を冷やしたり、空調に長時間あたらないように気を付けましょう。

 

そして、毎日の食生活を充実させ、栄養をしっかり摂ることも、とても大切です。

積極的に摂りたいのは、「ビタミン」や「ミネラル」といった成分。それに加えて、抗酸化作用や疲労回復効果のある食材を使ったレシピなら、秋バテの予防にぴったりの食事をつくれるでしょう!

 

ズバリ、秋バテに効果テキメンなのは、あの食材・・・!

kagome3

トマトはまさに、秋バテ対策にぴったりの食材なんですよ!

トマトに含まれるクエン酸は疲労回復を促し、リコピンは活性酸素を取りのぞく抗酸化作用に優れています。またビタミンC・ビタミンEには免疫力をアップしたり、血行促進を促してくれる効果もあります。

それに、トマトには女性にうれしいアンチエイジング効果もありますよ!

それでは、人気の料理研究家、浜田陽子さんが考案した、5分でパパッと作れる、美味しいトマトレシピをご紹介しましょう!

 

 忙しい朝にぴったり! フルーティーな 「トマトグラノーラ」

kagome4

【材料】 (1人分)

市販のグラノーラ・・・40g

トマトジュース・・・200ml

ヨーグルト・・・80g

はちみつ、りんご、ミント・・・適量

 

【作り方】

トマトジュースとヨーグルトを器に入れましょう (お好みで混ぜ合わせても)。

グラノーラ、スライスしたりんごをトッピング、はちみつをかけてミントを飾るだけ!

 

この「トマトグラノーラ」は、とっても美味しいのに、手軽ですぐに作れるというのが大きなポイントです!

カルシウムは、トマトジュースに含まれるビタミン類といっしょに摂ることで、吸収が高まります。また、整腸作用のあるりんごやはちみつ、食物繊維たっぷりのグラノーラ(オーツ麦)を合わせることで、便秘解消にもなりますよ。

 

13fcc96001f79ffbc3603407d2afaeed

体内時計を整えるためにも朝食をしっかりとって、健やかな秋の生活を楽しみましょう!

 

Image photo by Pinterest

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ