ハピネス

2013.10.13 UP

30代女性の定番!世界イチの朝食といえばbillsではなく、神戸北野ホテルなんです

LINEで送る
Share on Facebook

「世界一の朝食」として昨今有名なのが、続々と首都圏に進出してきているbills(ビルズ)のリコッタチーズパンケーキ、パワーブレックファスト。

もちろんbillsも美味しいのだけれど、朝から朝食を食べるためにちょっと遠出して、若い子たちやカップルたちと並んで、混んでる店内でいそいそと朝ごはん……そんなの、ちょっと、ね。

オトナ女史は一時の流行に流されない、本当に美味しいものを静かに優雅にいただくのです。昔ながらのこじんまりとした、フランスのオーベルジュのような優雅なホテルでおいしい朝食を。

 kobe_kitano

それが、「世界一の朝食」として有名な神戸北野ホテル。でもなぜ神戸のホテルが世界一の朝食なのでしょうか。

「フランスのレストラン『ラ・コート・ドール』のベルナール・ロワゾー氏の朝食メニューに、フランスのスモールラグジュアリーホテル協会が世界一の称号を与えた。北野ホテルのシェフ山口浩氏は『ラ・コート・ドール』のベルナール・ロワゾー氏のもとで修行し、信頼されていた。山口氏が神戸北野オープンするにあたり、ロワゾー氏から『世界一の朝食』を提供することを許された。フランスの本店以外で食べられるのは神戸北野ホテルだけ。メニューだけでなく、食器なども全く同じものを使用している。」

とのこと。

そもそも「世界一の朝食」の定義って何なのかはさておき……。

温かいプレートの上に置かれた焼きたてのパンやバターの香りで食欲を誘うフィナンシェ、そして兵庫県産栗のハチミツやハム、リンゴやラズベリーなど果物をそのままの食感と味で提供する手作りのコンフィチュール(ジャム)。卵にかける塩も「ブルターニュ産フルール・ド・セル」といったこだわりよう。

とっても美味しそう。

「美味しい朝ごはんを食べに、今週の週末は神戸の北野ホテルに泊まってくる」

神戸のロマンチックな夜景を堪能して、ドレスアップして極上のフレンチディナーをシャンパンと一緒に頂いて、ベッドイン。朝はお待ちかねの世界一の朝食を食べる。

ゆったり至福のひとときを過ごしたら、パワーもフルチャージで日常に戻ることができそうです。しかも宿泊料は、世界一の朝食付きで2万円くらいからとお値ごろなのです。

神戸まで行く暇が無いけど世界一の朝食に出てくるパンやコンフィチュールを食べてみたい方には、料理長の山口氏がプロデュースしているコンフィチュールやブーランジェリー、パティスリーが買えるオンライン・ショップもありますよ。

kobe_kitano02

イグレック・プリュス+

神戸北野ホテル

神戸市中央区山本通3丁目3番20号

078-271-3711

http://www.kobe-kitanohotel.co.jp/

mayumine(まゆみん)

mayumine

石川まゆみ / 広報、ブロガー、HDRフォトグラファー、ライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

ページの先頭へ