ハピネス

2014.08.04 UP

アラサー注意「超バカっぽく思われる」ビジネスメールの言葉遣い

LINEで送る
Share on Facebook

e19db8b4c432dfb63e6effee573a7dc2

おかしい日本語を使っていると、自分の意思を相手になかなか伝えることができず、困ってしまいますよね。それだけでなく、相手が受ける自分の印象を悪くしてしまいます。

日本人など先進国の人間は、知能レベルで相手を評価する傾向にあります。ですから、「言葉を正確に使えない」ということは、それだけでビジネスでも恋愛の場面でも、軽くあしらわれるようになってしまう恐れがあります。

今回は、さまざまな文学賞を受賞してきた著者が、間違えやすいビジネスメールでの言葉遣いを紹介します!

1:すみません! 休みをいただいております。

電話など口頭で、つい言ってしまう言葉のひとつです。たとえば、「総務課のAは、ただ今、夏休みをいただいております」はNGです。

正しくは、「総務課のAは、ただ今、夏休みでございます」です。休みをいただくのは、誰からなのか、考えてみてください。

 

2:週末は、天気が良かったので、生ビールをいただきました。

生ビールって、私も大好きです。特に暑くて汗をかいた日の生ビールは最高ですよね。

でもね、ここは動詞を敬語にしてはいけない内容・場面でしょう。過剰な敬語は、相手に壁を感じさせてしまい、逆に不敬になります。もしくは、変にお嬢様ぶった言い方に聞こえてしまいます。

この場合の正解は、「週末は、天気が良かったので、生ビールを飲みました」です。普通に話しましょう。

 

3:お中元、食べました!ありがとうございます。

こちらは先ほどの例とは逆に、いただきました、となります。敬語を使わなければ不遜になってしまう場面です。

とってもおいしいフルーツのセットを、ありがとうございました。みんなでおいしくいただきました。これでOKです。

 

4: ●●さん、了解しました!

了解、という言葉には、相手に対して敬う気持ちがありません。同僚なんかに使うにはいい言葉ですが、目上の方に対して使う場合には、「承知しました」もしくは「かしこまりました」にしましょう。

尊敬の気持ちとは別に、音感的にもキチンと感が出ますので、しっかりした大人女史に見られますよ。

 

日本語はややこしいですね・・・

7f611e67be166202eb7788be4fbc93f2

こんなことを書きながらも、私も動物病院で「マラリアの薬をお願いします」と言ってしまいました。

正解は「フィラリアの薬」で、夏になると犬が蚊などに刺されたりするのでそれを予防する薬のことです。

そう言えば、以前働いていた会社で上司が「少数精鋭でがんばるぞ!」と言ったときに、「少数はわかるけど、精鋭って誰?」と思ったことがありました。

 

日本語は、ややこしいですね。尊敬語や謙譲語、丁寧語があり、使い分けることだけで頭の中がごちゃごちゃしてしまいます。

しかし、もっとも大事なのは「内容を伝えること」ですので、敬う気持ちも大切ですが、人に対してわかりやすく、ものを伝えることを意識しましょうね。

 

Photo by Pinterest

かわの ももこ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ