ハピネス

2014.07.09 UP

スマイルコンシェルジュが明かす!離婚後にとても励みになった事

LINEで送る
Share on Facebook

前回までのあらすじ

スマイルコンシェルジュのたきれいこさんの、人生の転機になった人、コト、ひと言を伺う当連載。

19歳で結婚、大学在学中に妊娠、出産、離婚と若くして様々な人生経験を積んできたたきさん。今回は、「スマイルコンシェルジュ」という独自の仕事を手にするきっかけとなった「笑顔の大切さ」に関するストーリーです。

 

いま私は、「スマイルコンシェルジュ」という肩書きで仕事をしているんですけれど、笑顔を仕事にしたいと思ったのも、ウェディングの仕事で得たものが大きいからなのです。笑顔でいればどんなハプニングが起きても気持ちを落ち着かせることができるし、何よりそこにいる人たちを含め、その空間を居心地の良いものにできる。

笑顔でいることは割と小さい頃から意識してきた方だとは思いますが、仕事を始めてさらにその気持ちが増していきました。

 

実はとてもよく覚えているエピソードがあるんですが、仕事を始めてしばらくしてから、双子を連れて市役所に離婚届を提出しにいったことがありました。

その時、突然、遠くにいた職員の方が駆け寄ってきて、「まあ、お母さん、なんて素晴らしい笑顔をしているんですか。声をかけずにはいられませんでしたよ」って話かけられたんです。離婚届を出しに行った日なのに、おかしいでしょう(笑)。

「お子さんたちは幸せですね」とまで言っていただきました。自分ではそんなに笑顔だとは気づいていなかったのですが、どんな時でも子どもたちには笑顔で接しようと心がけていたから、自然ととびきりの笑顔になっていたのかもしれませんね。

離婚直後で不安を感じていた時でもあったので、笑顔を褒めていただいたことはとても励みになりましたし、笑顔が持つパワーを改めて実感するきっかけにもなりました。

離婚を乗り越えて新しい人生を切り開いてこられたのも、常に笑顔を意識していたからかもしれません。

 

レストランシェフと再婚するも、娘たちの将来のためにと再び別れを決意

DSC_7732

仕事で出入りしていたレストランで、2人目の夫となる男性と出会いました。

新しいシェフとしてやってきたその男性は、はじめから、「たきさんは、3人子持ちのバツイチ」と周囲から聞いていたようで、事情を全て理解した上で好意を抱いてくれたそうです。

 

もともとあまり恋愛に興味がないのと、子育てに精一杯だったので、特にまた誰かとお付き合いをしたいとは思っていませんでした。

なので、はじめのうちは食事のお誘いをいただいても断り続けていたのですが、ある時、「では3人のお子さんと一緒に、遊園地に行きませんか?」と言ってきたんです。長女が、「そんなに言ってくれる人がいるんだったら、食事だけでも行ってくればいいのに。ママ、マジメ過ぎ」と言うものですから、子どもがそこまで押すなら……とまずは2人で食事に行き、その後皆で遊園地に行きました。

そうしたら、双子がなついちゃって。観覧車に乗ったときに、「新しいパパになって」という発言が飛び出たくらい(笑)。それからお互い意識する関係になり、しばらくして再婚しました。

 

けれど、この結婚も5年でピリオドを打つことになりました。相手は独立開業をしたいという夢を持っており、再婚と同時に、西麻布に自身のレストランをオープン。

たきさんはMC業と並行しながら、レストランのマダムもしていました。けれど経営は一筋縄ではいかず、内情は、たきさんがMCとマダム業をこなし家計一切を支えている状態が続いていたのです。ちょうど長女が大学進学を考え始めた頃だったので、たきさんは、やはりお店よりも何よりも、娘たちの将来をサポートすることを優先したいという結論に至り、離婚を決意しました。

 

その後、子どもたちは無事進学。長女は、奨学金で学費を工面するほど立派な成長を遂げました。

 

たきさんは自身の経験から、子どもたちに門限などの制約はしていないと言います。「放任主義」という名の教育方針。子どもたちに「あなたたちを信頼している」という思いを伝えるためだそうです。

実際子どもたちは信頼されていると身を持って感じているので、「それは母親には言わないでしょう」という隠し事までオープンにしてくれるんだとか。良い親子関係が築けている証拠ですね。

もちろん反抗だってしてきます。それこそ大ゲンカだって何度も。けれどたきさんは、「小さい噴火は大歓迎」と反抗期の必要性を感じています。

 

私自身が全然親に反抗しないで従順に育っちゃった分、大人になって親に迷惑かけましたからね。だから、あって然るべき時にぽんぽん噴火するのは良いことだと思っているんです。

 

小さな噴火は、大人への通過点とも言うべくたきさんの言葉通り、社会人、高校生になった子どもたちは、それぞれ自分の意思で進学先や就職先を決めるなど、強く、たくましく成長してきました。

最終回「未来編」は、スマイルコンシェルジュという独自の仕事を始めた理由、そして子育てが一段落した今だからこそ夢見る未来についてのお話です。

 

(取材協力)
hanareメイン画像
銀座十字屋ハープ&フルートサロン hanare(はなれ)

日本最大規模のハープ教室を運営する銀座十字屋の、女性専用フリータイム制ハープ教室。

同社が運営する担任制のハープとフルート教室「銀座サロン(銀座3丁目)」、「吉祥寺サロン」に続いて、2013年11月、銀座4丁目にオープン。16室あるレッスンルーム全てに、イタリアの「サルヴィハープ」を設置。レッスンはベテランのハープ講師がマンツーマンで担当しているので、初心者でも安心して受講できる。練習室も完備。

住所:東京都中央区銀座4-4-5 銀座簱ビル5階 (シネスイッチ銀座と同ビル)

Tel :03-6228-6116

営業時間:月〜金:12:00〜21:00、土:10:00〜19:00

定休日:日、祝祭日、年末年始

 

Photo by GOTA

kumon

kumon

(プロフェッショナルライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ