ハピネス

2014.06.13 UP

「愛を育てるツール」が結婚への近道かもしれないという事実

LINEで送る
Share on Facebook

bd7e1e3e124d0dcbca8828944bae9ed7_m

30代にもなると、学生時代の思い出なんて遥か昔のことで、それどころか、つい最近の出来事すらも「……で、どうしたんだっけ」って曖昧になることがあります。

何かの本で読んだのか、とても印象に残っている「記憶は愛情」というフレーズ。

それは両親の結婚記念日だったり、友達の誕生日だったり。

たしかに、相手との信頼関係において「覚えている/覚えられている」事実って、上辺を取り繕った言葉たちよりも、ずっと説得力があるな、なんて思います。

 

誰かと過ごした、誰かを想った「旅の記憶」

それは「旅」にまつわる時間も同じ。

誰かとわくわく計画して、ハプニングを一緒に乗り切って、旅先で知り合いも増えて、帰りを待ってくれている人のことを考えながらお土産を買って。たとえ、ひとり旅であっても、そこには何かしら人との繋がりが存在しています。

 

または、新たな価値観との出会いなんてものもあると思います。でも、忘れちゃうことって多い。

手帳ブランドの「マークスダイアリー」から発売された「旅するEdit」は【旅を作るノート】をコンセプトとし、ひとつひとつの旅行(にまつわるコンテンツ)を整理整頓できる手帳です。

せっかくの楽しい思い出を忘れてしまうなんて、もったいない! ここはひと手間かけることで、記録も記憶もしっかり留めておきたいところです。

tr_to_traveling
(©マークスダイアリー)

旅行計画から次回の情報収集までOK

「旅するEdit」には、旅にまつわる様々な種類のページが作られています。これひとつあれば、計画も、予算管理も、スクラップも、ぜーんぶ出来ます。

 

まずは【テーマ】ページからスタート。

「2泊3日で女子力を底上げする」とか、「美術館をトコトン巡る」とか自由に旅のコンセプトを決めます。具体的であればあるほど、行程作りにブレがなくなりますね!

【予算&スケジュール】【行程】ページには、具体的な日付や当日の動き方、それにかかるざっくりとした予算を書き込みます。

traveling_img2

traveling_img3
(©マークスダイアリー)

【旅先でしたいこと】ページは、旅行中のTO DOリストが作成できるようになっています。

計画段階で、あれこれ思惑はあったものの、当日うっかり忘れてた! なんていうのも、よくあることです。

traveling_img4
(©マークスダイアリー)

【トラベルジャーナル】ページは、写真を貼ったりコメントを書いたりできる余白の多いコーナーです。

旅先で感動した景色や美味しかったごはんなど、どんどん記してみてください!

何気なく、ふと感じたことでも、テキストやビジュアルで残していると、後から振り返ると貴重な瞬間になります。

traveling_img5
(©マークスダイアリー)

他にも【次の旅のアイデア】【旅のインスピレーション】といった、日々流れていく情報をストックしておくページもあります。

何年経っても、一緒に行った家族や彼、友達と「こんなことがあったね」と笑い合えるなんて素敵!

 

過去を思い起こし、懐かしむためのスクラップ手帳。旅先で感じることって特別感があるので、あのときはこう思ってたんだなぁ、なんて振り返ることができるのも楽しいですよ。

 

image photo by Pinterest

MIKA Hirai

MIKA Hirai

(エディター/ライター/トラベルキュレーター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ