ハピネス

2014.05.16 UP

10分でいいから、とりあえず、お風呂!私を幸せにするアイテム

LINEで送る
Share on Facebook

aed1140159d9a6870a476efdd9ad3ed0

1日の始まりが気持ちいいと、なんだか、その日1日をしあわせに過ごせる気がします。

朝起きると、まず、お風呂にお湯をためます。忙しくて、なかなか十分な睡眠時間がとれない時も、10分でもいいから、とりあえず、お風呂にはいります。その日の気分に合った、入浴剤を選んで。

ちょっと疲れてる時は、落ち着いた森の香り。気持ちもすっきりリフレッシュしたい時は、爽やかなピンクグレープフルーツの香り。

そして、入浴剤は、香りだけでなく、色でも気持ちをコントロールしてくれます。

 

そんな癒される香りと色と温もりに包まれて、ぼぉーっとしたり、考えごとをしたりする時間が、わたしの大切なひとときです。

 

部屋で、ちょっとゆっくり考えごとをしたいとき、わたしのまわりには、誘惑がたくさんあります。

別に見なくてもいいのに、気づいたら、スマホのメールをチェックして、ネットニュースを読んで、どうでもいいようなSNSの掲示板をなんとなく見て(ANGIEのコラムは読んでね)、寄ってきたネコをなでていたら、いつの間にか眠くなる……というような、だめだめループに陥ってしまいます(まあ、そんなのも、平和でしあわせな時間とも言えるかもしれませんが)

 

その点、お風呂だと、何もすることがないので、思う存分、気持ちよく、自分だけの時間を過ごせるんです。しかも、朝だと、頭もさえて、午前中は眠くて~ なんてことがなくなります。なんだか、有意義に時間を過ごしている気がして、自己満足できます。

 

そして、からだにも、いいことがあります。以前は、夜にお風呂に入っていたのですが、重度の肩こりと冷え性のわたしは、朝起きると、からだがガチガチで、寝ても疲れる。その疲れたからだで、また1日が始まる。というような、常に疲れがとれない生活でした。

 

それが、朝風呂に変えたら、からだがすっきりした状態で1日をスタートさせることができるようになったんです。

朝からおなかも空くので、朝ごはんをしっかり食べれて、健康的な生活に。もはや、朝風呂なしでは、1日を乗り切れません!

 

朝活なんて言葉が、少し前に流行りましたが、なかなか続けるには、意志が強くないとたいへんです。その点、朝風呂は、カンタンに心とからだをすっきりできて、気持ちよく1日をスタートできるので、オススメです。

 

Photo by Pinterest

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ