ハピネス

2014.05.03 UP

福岡は「博多ラーメン」の街ではなくうどんのほうが有名やけん!

LINEで送る
Share on Facebook

1ab849b67cba25881863773e92c0c4b2

福岡に来たら、なぜかみんな「ラーメン」と言います。食べたい、食べたいと言う。

確かに豚骨スープに細い麺で、チャーシューがペロンとのったラーメンはおいしい! 紅生姜をのせて食べてもおいしい!

 

だけど、声を大にして言いたいのは、福岡はじつは「うどん」の県だということです。これは福岡に住んでいる人間なら、常識というもんです!(ハッ、ハッ…、すみません、つい息が荒くなってしまいました)。

 

うどんと言えば讃岐かな、なんて言っている人はだめです。福岡市博多区の永天寺には「饂飩蕎麦発祥の地」という石碑があって、博多から全国へと普及したのです。

 

うどんば、食べてみんしゃい! 博多はうどんも、おいしかとよ

こう言いたい。うどんへのこだわりは、もの凄く強いんです。

コシの強さ……フン! って感じ。コシの強さだけがうどんの魅力じゃない。

たしかに福岡のうどんは、柔らかい。コシのないふにゃふにゃしたうどんだけれど、そこがいいのです。麺は細くて輝いています。

 

そして、出汁はちょっと甘みのあるような、それでいてしつこくはないつゆです。カツオと昆布、あご(飛魚を乾燥させたもの)の混ざった透き通るような見た目と味。つるつるしこしことした食感は、博多ならではのものです。

 

博多に来たら「ごぼう天うどん」をお勧めします。

最初、匂いを嗅いだり、スープを飲んだりしてはいけません。普通に麺から食べましょう

 

細切りにしたごぼうが丸くのっているものや、太くそのまま「ごぼう」というひとつひとつ揚げたものまで、入ったうどん屋さんによって違いますが、これがおいしい。そして「かしわご飯」を頼みます。

鳥のたきこみご飯のことを「かしわ」って言うんです。おにぎりがお勧めです。

 

このかしわご飯とごぼう天うどんの相性はばつぐんで、最初カリカリッとしていたごぼう天がだんだんと出汁の中に沈んで、しっとりとした味わいに変わってきます。

つまりが、2度おいしい。そのあいだに、おにぎりを食べます。このほのかな醤油の味の効いたかしわご飯は最高です。にんじんの赤さと鶏肉のうまみが噛むほどに効いてきます。

汁は最後まで飲みほします。この汁を飲みほさなかったら、本当のおいしさというものはわかりません。だけど隣のテーブルを見てみたら、皆さん、ほとんど汁を飲みほしていますから、心配はいらないんですけどね。

 

福岡って、じつはラーメン屋さんより、うどん屋さんの数の方が多いんです。つまりが、それだけうどんの地位は高い。

噛まなくてもスーっと喉を通って、出汁が効いていて、食べ終わったらしあわせな気分になります。

 

このゴールデンウィーク、うどんを食べに福岡へ来てみませんか?

 

Photo by Pinterest

かわの ももこ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ