ハピネス

2014.04.30 UP

24時間に縮小して考えてみる「あなたのホントの人生の時間」

LINEで送る
Share on Facebook

725036c48903dbc51d30dfa2fbc972d5

人の一生を24時間に例えたお話を知っていますか?

今、自分はどんな時期にあたるのか、24時間に縮小して考えてみるというものです。人生時計人生時間などと言われています。

自分の年齢を3で割って出てくる数字が、あなたの時間。あなたは今、何時ごろを生きていますか?

 

18歳は6時、24歳は8時、30歳は10時、あなたは今?

人生時計に当てはめると、18歳は朝の6時、24歳は8時くらいということになります。

まだ目覚めたばかりの20代、これから1日をさあ始めるぞと希望に満ちみちている感じでしょうか。それは輝いているわけだ。

 

さて30歳になると時計は10時ごろ。仕事の算段を早々につけてミーティングを始めている人もいれば、まだネットサーフィンしている人もいるでしょう?

 

私はアラサーのみなさんよりも少し時間が進んで、お昼を少し過ぎました。

4年前から私は書くことを仕事にしています。人生時間でいえば、ちょうど12時をまわったあたりでした。あまり早いスタートとはいえませんね。

でも残念ながら時間はとめることも、巻き戻すこともできません。万が一、巻き戻すことができたとして、結局同じことを繰り返したりと、人生はままならないものです。

 

いずれにしても人生に「if」はありませんから、あの時こうしていればと悔やむことに時間を費やしてもあまり意味はないでしょう。

それに午前中はエンジンがかからなかった人も、午後にこれはキタ! って仕事ができる日もあれば、逆に午前中良いペースで進んでいたのに、午後から上司の小言に付き合わされてしまったなんてこともあるのですから。

 

人生は複雑だけど、もっとシンプルに考えて良いのかもしれない

人生はとても長くて複雑で、時には考えることに疲れてしまいますよね。

そんなときは人生時計に当てはめてみてください。あなたの今やるべきことがシンプルに見えてくるかもしれません。

 

ANGIEの読者層からすると、多くのみなさんがまだ午前中を生きているのではありませんか?

まだ半日以上残っています。楽しいことはこれから。おいしいランチだって、まだこれからなんですから!

 

Photo by Pinterest

平 理以子

平 理以子

バリ島在住フリーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ