ハピネス

2014.05.04 UP

【元Apple製作者に聞く 6】メールで届いたPDFにサインして大学を辞めた

LINEで送る
Share on Facebook

5876315244_b9e2e0440e

スペインのバルセロナを拠点として活躍している、デザイナーにして技術者のビアンカさんに「はたらくこと」についてインタビューをしています。

6回目の今回も、前回に引き続き、ビアンカさんに「学歴とはたらくこと」と、ビアンカさんの人生の転機についてお話をお聞きしました。

さっそくご紹介しましょう。

MIT(マサチューセッツ工科大学)を辞め、Appleのインターンに戻る

ビアンカさん(以下B):それで、このMITの学期はベネチアから戻ってきて終えたのです。それで、その後大学を辞めることを決めたのです。

両親にこのことを話したら信じてくれなくて。でも、その時は厳しい時期でもありました。

 

家族の「危機」で、私の祖父が危篤でした。だから私はブラジルに飛び、彼の世話をするためにブラジルに1ヶ月滞在したのです。

これ、みなさんに話したほうがいいのでしょうか。

 

ブラジルに居た時のことはよく覚えています。ブラジルから大学に電話をかけて、辞めました(笑)。

ちょっと馬鹿げているのですが、大学側がメール添付でPDFを送ってきたので、そこにサインして。

 

と言っても、実際のところMITを「辞めた」のではなく、2010年から10年以内にはまた大学に戻って学部のコースを終えることができるのですが。大学を退学させられたわけではないので。

 

それから、Apple社でインターンシップをしていた時の上司が、次の夏にまたAppleでインターンをしないかと声をかけてくれていたので、まだ2月の頃でしたが、彼に電話をかけて今すぐにAppleでインターンしに行ってもいいかどうか質問したのです。

そしたら、OKと言ってくれて! 私はラッキーでした。

 

そしてAppleに戻り、1年半程インターンをしました。

 

聞き手(Takako 以下T): 何でも言ってみるものですね。

 

B: そうですね、でも、そこまでお願いしてよかったのかどうかは、わかりません。

もしかするとお願いし過ぎたかもしれないとも思っています。私はかなり彼をプッシュしたので。これはチャンスだと思って、どうしても掴みたいと

それで1年半後に、正式な仕事のポジションを手に入れました。

 

T: お仕事された部署はインターンの時と同じだったのですか? インターンの時にはどこの部署にいたのですか?

 

B: 正確にいうと、ハードウエアの部署でした。でもその部署の中で、ソフトウエアの試作品開発グループにいました。

 

T: はあ、なんだか複雑ですが了解です(笑)。

 

B: ははは(笑)。そうですね。

 

T: この社内構造はスティーブ・ジョブス氏が生きていた頃の仕組みですよね?

 

B: はい、今はもっとシンプルな構造になっていると思いますが。

 

 

今回のインタビュー、いかがでしたか?

ブラジルからApple社のインターンに戻る時のビアンカさんの行動力というかエネルギーが凄いと感じました。

 

「何かを手に入れたい」と思うときはその方法がちょっと「ふつう」でないとかそんなことはとりあえず置いておいて、自分の思いをきちんとアピールするのはアリだろう、と思います。

 

とくにスペインに住んでいると、なんでもとりあえず口にしてみる、というのはよくあることだと感じます。わたしも図々しく(?)実践しています。

 

日本ではよく世間体を気にすることがあると思います。何か言って、図々しい人だと思われたら困るとか、そういう思考です。目的を達成することに意識を集中するより、むしろ自分がどう上手く立ち回るかに意識が集中してしまう。

欧米文化では「ダメかどうかなんて言ってみないと分からない」→「とりあえず言ってみる」という発想がふつうです。

もちろん、お願いごとを押し付けるのはNGですが、OKかNOかとりあえず聞いてみること自体は悪いことではありません。

 

次回はApple社でのお仕事の内容についてお話いただきます。

どうぞお楽しみに!

 

(写真:Biancaさん提供)

 

【取材協力】

Bianca Cheng Costanzo(ビアンカ・チェン・コスタンゾ)

ブラジル生まれのデザイナー、テクノロジスト。ブラジル、イタリア、米国の間を旅しながら幼少期を過ごす。最近、サンフランシスコからバルセロナに移住し、個人プロジェクトの企画・開発に取り組んでいる。以前はApple社でインタラクションデザイナーおよびソフトウエアのプロトタイパー(試作品の製作者)として、また MITメディアラボのタンジブル・メディア・グループで学部研究生として勤務していた。

Webページはこちら(英語)

Bloomブランケットの購入はこちら(英語)

※この「ビアンカ・チェン・コスタンゾさんへのインタビュー」の過去記事はこちらの一覧からお読みいただけます。

Takako
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ