ハピネス

2014.04.19 UP

「涙活」でストレス解消を!~脳生理学者も絶賛おすすめ中~

LINEで送る
Share on Facebook

e5c7b89423e002805a548c751b419015

最近、泣いたのはいつのことでしょうか?

私は子どもの頃から、大がつくほどの泣き虫で、それは大人になっても変わることはありませんでした。

社会人になろうとも、上司に怒られれば、同僚の前で鼻水をたらしながら泣きじゃくり、集団塾で英語教師をしていた頃は、生徒20人の前で涙を流し、生徒たちを凍らせてしまったこともありました。

 

夫婦喧嘩でも、私の泣き虫は変わりません。喧嘩が始まる前から、私が泣き出し、旦那がオロオロ……カンカンカン! 一発ノックアウトで私の勝利(笑)。

話しが少しズレましたが、この涙を流す「涙活」が、いま注目を集めているようなのです。

 

泣いた後のスッキリ感には根拠があった

泣いた後は、スッキリするような爽やかさを感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

この涙のわけは、偶然ではなく、どうやら科学的な根拠があるようなのです。

脳からストレスを消す技術 』(サンマーク文庫)の著者、有田秀穂氏(東邦大学名誉教授、脳生理学者・医師) はこのように話します。

 

涙を流すことによって、緊張やストレスに関係する交感神経から、脳がリラックスした状態の副交感神経へとスイッチが切り替わります。たくさん涙を流すほど、ストレスが解消し、心の混乱や怒り、敵意も改善する事が研究で分かっているんです。

 

さっそく「涙活」をはじめてみよう

涙活(るいかつ)は、意識的に涙を流して心のデトックスをしようという活動。月に1度でも涙活をすることで効果があるようです。

まずは、次の日が休みの週末に涙活をはじめてみましょう。翌朝、目がはれてしまっても気にせず、大げさなくらいにワンワン泣けますからね。

 

友達や家族の前で泣くのが恥ずかしいなら、ひとりで泣けそうな映画を鑑賞してみるのはどうでしょう。動物ものや、恋人もの、家族ものなど、自分の泣きのツボにヒットしそうな映画を選んでみて。時間がない人は、Youtubeで泣ける動画を見るのもいいかもしれません。

ハンカチとティシュを手元に置いたら、いざ涙活スタート!

 

涙活で心すっきりデトックス

映画を見終わったあとには、しょっぱい涙と一緒に、日ごろたまっていたストレスがスッキリと流れ出たような爽快感を感じることができるでしょう。マッサージで疲れた体のコリをほぐしてくれるなら、涙活はストレスでカチカチになった心をほぐしてくれるようなイメージでしょうか。

 

これまた不思議なことに、思いっきり泣いたあとは、あんなにクヨクヨしていた出来事に対しても、「まぁ、いっか」と思えるようになります。

そういわれてみると、私が楽観的思考でいられるのも、涙を定期的に流すクセがあるからかもしれません。今さらながら、嫌いだった泣き虫の自分を少しだけ愛せそうな気がします。

 

Photo by Pinterest
参考:涙活 Official website

Airi

Airi

(海外在住ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ