ハピネス

2014.04.07 UP

~女性のストレスは絶景が癒す~「海上絶景ドライブロード」3選

LINEで送る
Share on Facebook

3a89e17731a6fa58d293518e94f50f2e_m

4月、新しい環境に飛び込むなかで、慣れない仕事や人間関係にちょっと疲れを感じ始めていませんか?

出会いと別れが多い季節でもあり、恋愛感情が原因でモヤモヤしている方も多いかもしれませんね。

溜まりつつあるストレスを解消したい! そんな気分のときに最適なのが、車で長~い橋の上を走る、その名も「海上絶景ドライブ」です。

 

光を存分に取り込んだキラキラ輝く海、その真上にまっすぐ架かった橋を車で抜ける爽快感!

広い青空が包み込んでくれるような感覚を味わえ、いつのまにか心がふんわり軽くなっていることに気付くはず。

 

レインボーブリッジのように都内を走るのではなく、喧騒から離れた田舎町であることがポイント! それでは、ドライブにぴったりの場所をいくつかご紹介しましょう。

 

1:古宇利大橋(沖縄県名護市〜国頭郡)

©Flicker:kanegen-5043347194_9a09323537_b

(©Flicker/kanegen)

 

名護市・屋我地島と国頭郡・古宇利島を結ぶ全長約2キロメートルの「古宇利大橋」。エメラルドグリーンの海に囲まれた橋は、なんと通行料が無料!

 

古宇利島は本島から「車で渡れる離島」であり、那覇市中心部から約1時間20分とアクセスもよし!

橋を渡って海を眺めるだけでも充分満喫できますし、島内にはカフェや売店もあります。

©Flicker:digicacy-5483782952_f1236f8409_b(©Flicker/digicacy)

2:来間大橋(沖縄県宮古島市)

©okinabita-kurima

(©okinabita)

沖縄県からもうひとつ。東洋一とも言われる与那覇前浜をはじめとした美しいビーチと豊かな自然からリピーターが多いと言われる宮古島

 

長いあいだ離島となっていた来間島との間に架けられた「来間大橋」は、全長約1.7キロメートルの橋。光の入り具合によって海の色が変わります。一直線に走るのもいいけれど、車を少し停めて、お魚を探すのも楽しい!

©Flicker:yu.kleides-7979121645_8890995c9b_b(©Flicker/yu.kleides)

3:角島大橋(山口県下関市)

tunno09996

本州最南端の山口県下関市は冬に旬を迎える「ふぐ」が有名でグルメを目的とした観光客が多いエリア。

「角島」は訪れた人が「もう一度行きたい」と口をそろえて評価する穴場の名所です。島へ渡る一本道となる「角島大橋」は見渡す限りの青い海に囲まれ「本州にこんなところがあったんだ!」と驚くこと間違いなしの絶景ロードです。

 

tunno10012

【番外編】江島大橋(鳥取県境港市〜島根県松江市)

ダイハツ車CMのロケ地として一躍有名となった「江島大橋」も、ある意味「海上絶景ドライブ」が楽しめます。

 

走行性能をPRする目的で使用されたこの橋、特筆すべきはその勾配度!

CMで「ベタ踏み坂」と名付けられた橋は、全長1446メートル高さ44.7メートル。まるでジェットコースターのような、空へ繋がる滑走路のようなを一気に駆け抜ければ、ストレスも吹っ飛ぶかも!?

一般道路を走り続け、橋と海が見えた瞬間って、すごくワクワクしませんか?

 

「海上絶景ドライブ」は、夏になると日差しが強く、海水浴に訪れた観光客が増えるので、春から初夏にかけてのお出かけがおすすめです。お気に入りのBGMをお忘れなく♪

 

MIKA Hirai

MIKA Hirai

(エディター/ライター/トラベルキュレーター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ