ハピネス

2014.05.01 UP

雇われない働き方 ~その想いとお金のこと~

LINEで送る
Share on Facebook

bloom-blanket-with-Bianca

今回から海外の20代〜40代くらいの女性起業家にフォーカスして、はたらくことや、具体的なはたらき方についてはもちろん、大切にしていること、生き方、幸せについて、リレー式でご紹介してまいります。

私がバルセロナに住んでいることもあり、この地で頑張っている方ばかりになってしまいますが、その辺りはご容赦ください。

 

「雇われる」という働き方が比較的簡単に始められるのは「ロール・モデル」(お手本)が多いからではないかと思います。そばに真似できるお手本になる人がいれば、教えてもらえたら、出来るようになる。

これと同じで、もし自分で起業や独立をしたければ、既にその道で頑張っている人をお手本にマネすれば、少しでも彼女たちのようになれるのではないか。わたしはそういう期待を持っています。

 

そんな考えのもと、独立して頑張っている女性の個々のケースをロール・モデルとして示せたらと思いました。

もちろん、家庭環境や、先天的能力などマネできないことがあることは承知しています。それでも、変えられないことは受け入れ、その上で変えられることにフォーカスしていく、そんな風に前向きに生きる価値はあると思うのです。

 

Bianca Cheng Costanzo(ビアンカ・チェン・コスタンゾ)さん

bloom blanket with Bianca

初回のインタビューはバルセロナに住むブラジル人女性起業家、ビアンカさんに対しておこないました。全13回の連載形式でお届けします。

 

ビアンカさんは『Bloom Blancket』(ブルーム・ブランケット)という日本の折り紙にインスピレーションを得たカシミアのブランケットをデザインしました。

そして、この3月、ブランケット生産のための資金をアメリカのクラウドファンディング、Kickstarter(キックスターター)で集めることに大成功。

bloom blanket on bed

著者は2月の末日、彼女のクラウドファンディングのキックオフ(開始)イベントに参加して、彼女がKickstarterのこのプロジェクトの「開始ボタン」を押す瞬間に立ち会いました。

その時点で何か彼女の役に立てないかと考え思いついたのがこのインタビュー企画でした。

 

彼女を応援することができないだろうか。また、彼女のような起業家を応援するだけでなく、起業したいと思っている人の役にできることはないかとこのイベント中に考えていました。

 

ビアンカさんもクラウドファンディングを使って資金集めをするのも、個人プロジェクトに取り組むのも初めてで暗中模索。試行錯誤している姿、考え方、想いなどをお伝えしていければと思います。

 

次回はビアンカさんが作ったブランケットを彼女の言葉を交えて紹介します。

どうぞ、お楽しみに!

 

【取材協力】

Bianca Cheng Costanzo(ビアンカ・チェン・コスタンゾ)

ブラジル生まれのデザイナー、テクノロジスト。ブラジル、イタリア、米国の間を旅しながら幼少期を過ごす。最近、サンフランシスコからバルセロナに移住し、個人プロジェクトの企画・開発に取り組んでいる。以前はApple社でインタラクションデザイナーおよびソフトウエアのプロトタイパー(試作品の製作者)として、また MITメディアラボのタンジブル・メディア・グループで学部研究生として勤務していた。

Webページはこちら(英語)

Bloom ブランケットのご購入はこちら(英語)

 

このインタビューのもくじ

第1回:「ラッキー」が訪れる前~夜明け前の夢と次々に降りかかる雑事~

第2回:資金がないときの苦労。資金があるときの苦労。

第3回:アイデアが生まれる場所。カタチになる瞬間。

第4回:昔はみんなが尊敬してくれるような「知的で難しい」まじめな仕事をしようとしていたのです

第5回:学歴とはたらくこと

第6回:とりあえず「メールで届いたPDFにサインして」大学を辞めたときのこと

第7回:スティーブ・ジョブス氏のApple社を辞めるという大決断。~わたしはたくさんのことに興味があって、それらの興味がどうなっていくか見てみたかったのです~

第8回:学歴があってもなくても困ること~仕事を辞めることのリスク、起業することのリスク~

第9回:モノをあまり持たないこと、身軽でいること~自分のアイデンティティーとは何だろう?~

第10回:他人の期待に応えているだけで「自分がやりたいこと」ではないと気づいたとき~自分のために自分で決断する人生~

第11回:なにを始めるのにも年齢は関係ない!~初めて自転車に乗ったのは17歳でした~

第12回:じぶんが働きやすい環境をじぶんで作りだす方法

第13回:毎日クリエイティブでいるためのコツ~ピアノは弾きたいときに弾く~

 

Takako
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ