ハピネス

2016.11.19 UP

【裏ワザ】いつもの食材を激ウマにする方法3選

LINEで送る
Share on Facebook

いつも使っている食材が劇的に美味しくなれば、自炊のモチベもアップしますよね。

今回はテレビなどでも話題になった、簡単な方法で激ウマになる食材を3つを厳選してご紹介。どれもすぐにできるものばかりなので、是非試してみて!

 

レンジでホクホクおいしい【焼きいも】

このシーズン食べごろの「焼きいも」。だけど、家で作るとパサパサになってしまったり、作るのが面倒だったりするイメージもありますよね。

そんなときにおすすめなのが、電子レンジを使った裏技! 作り方はとっても簡単です。

 

1.サツマイモを水で洗い、濡れたままの状態で新聞紙で包みます。

2.1のサツマイモを、600Wの電子レンジで1分半温めます。

3.続けて200Wで8~10分温めたら完成。

 

「電子レンジで本当に美味しくなるの?」と半信半疑で食べてみると……本当に甘くてホクホクの「焼きいも」でした!

 

水につけるだけでもちもちの食感に!【パスタ】

家に常備している食材といえば、乾麺の「パスタ」。いつもの通り茹でて食べるのも美味しいですが、なんと水につけるだけで生パスタのようなもちもちの食感に変身!

茹で時間が短縮できるメリットもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

1. 乾麺のパスタ100gを、水300ccに漬けます。漬ける際は、パスタ保存ケースやバットなどを使いましょう。

水に漬ける時間の目安は1.4mm=60分、1.7mm=90分、1.9m=120分です。

2.時間が経ったら、パスタの水気を切りましょう。この状態で冷凍保存も可能だそう。

3. 沸騰したお湯で1分間茹でれば完成。

 

パスタは柔らかめが好きであれば、3〜4分茹でてもOKだそうです。見た目は普通のパスタと変わりませんが、食べてみるともっちもちの食感に感動しました!

 

●●をもみ込むだけでしっとりジューシーに【鶏むね肉】

値段もお手頃の「鶏むね肉」ですが、そのまま調理するとパサパサで、味も淡白でガッカリ……という経験はありませんか?

そんな「鶏むね肉」をしっとりジューシーにする裏ワザをご紹介します!

 

1.鶏むね肉を均等の厚みに切り、フォークで全体をさします。

2.鶏むね肉300gに対し、水30cc、砂糖・塩を各3gほどビニール袋の中に溶かし入れます。その後、1の鶏むね肉を入れて1分ほど揉みます。

3.水気を切ったら、ソテーなどにして召し上がれ!

 

フォークをさすことで、鶏むね肉の食感を変え、しっとりと。砂糖と塩を入れた水の効果でジューシーな鶏むね肉に大変身!

一手間でいつもの食材が美味しくなるので、今晩からぜひ挑戦してみてくださいね。

SakakuraKanako

sakakura

webディレクター/ライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ