ハピネス

2016.11.23 UP

低炭水化物!話題の【カリフラワーライス寿司】レシピって?

LINEで送る
Share on Facebook

カリフラワーを細かく刻んで炒め、ごはんの代わりに食べる「カリフラワーライス」をご存知ですか? 低炭水化物でビタミンCや食物繊維がとれるとあって、アメリカのヘルシー女子の間で人気沸騰中なんです!

今回紹介するのは、料理ブロガーがこぞって投稿している”カリフラワーライス寿司”。見た目は本物の巻き寿司ですが、とってもヘルシーだから、ダイエット中にも食べられますよ!

 

カリフラワーライス寿司ってどんな味?

Photo by Nora

基本のカリフラワーライスはカリフラワーを細かくして炒めるだけなので、パラパラとしていますが、寿司に使う場合はしっとり感を出すためにクリームチーズを混ぜます。日本のお米の食感により近づき、味わいにコクが増しますよ。

寿司酢を混ぜるのでカリフラワー特有の風味もほとんどありません。巻く具材としては、カリフォルニアロールのように、スモークサーモン(またはカニカマ、ツナ)、アボカド、きゅうりなどがよく合います。

しょうゆとわさびでシンプル食べるのはもちろん、マヨネーズ、シラチャーソース(アメリカで定番のホットソース)をトッピングするのがおすすめです。

 

カリフラワーライス寿司の【作りかた】

カリフラワーライスは加熱時間が2〜3分と短いので手早く作れます。

酢飯と違って粘りけがないので、手に水をつけて海苔の上に広げる作業は不要。ナイフやスプーンで海苔の上に塗るように広げるだけなので簡単です。

 

【材料】(2本分)

カリフラワー・・・300g

油(サラダ油、オリーブオイルなど)・・・小さじ1

しょうゆ・・・小さじ1

クリームチーズ・・・40g

寿司酢・・・大さじ1/2〜1

スモークサーモン・・・4枚

きゅうり・・・1/2本

アボカド・・・1/4個

寿司海苔・・・2枚

しょうゆ(食べる際に使用)・・・適量

わさび(食べる際に使用)・・・適量

 

1. カリフラワーは小房に分けて、フードプロセッサーか包丁で米粒くらいの大きさになるように刻みます。

細かくしすぎると、後で炒めた際に食感がなくなり、ペーストっぽくなってしまうので注意しましょう。

Photo by Nora

2.フライパンに油を熱し、カリフラワーを中火で2〜3分炒めます。しょうゆを加えてさっと混ぜ合わせて火を止めます。

Photo by Nora

3.カリフラワーをボールに移し、温かいうちにクリームチーズを混ぜ、続いて寿司酢を混ぜて冷ましておきます。

4.きゅうり、アボカドは細長く切っておきましょう。

Photo by Nora

5.巻きすに寿司海苔をのせ、カリフラワーライスを広げ(海苔の手前・奥はスペースをあける)、きゅうり、アボカド、スモークサーモンをのせて巻きます。

Photo by Nora

巻き寿司を作る感覚で、手前から巻きすを持ち上げ、写真のようにカリフラワーと具材を巻いていきます。力を入れすぎず、優しく巻くのがポイント。

6.1.5cm幅に切り、しょうゆ、わさびをつけていただきます。

 

カリフラワーライスと海苔の相性もバッチリです。これはダイエット女子の強い味方! シーフード以外に肉も合うので、いろいろ巻いて楽しんでみてくださいね。

(トップ画像・レシピ制作/Nora)

Nora

Nora

アメリカ在住フリーライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ