ハピネス

2016.11.03 UP

【成功する転職】絶好のチャンスは今かも!? 幸せになれる女性の転職ハウツー

LINEで送る
Share on Facebook

いまのあなたにとって絶好のチャンスとは、何でしょうか? 誰から声がかかると嬉しくなりますか。どんな仕事に就けたら幸せになれそうでしょうか。

キャリアコンサルタントの岡田美紀子(おかだみきこ)さんによると、機会を逃してはもったいない、と頭ではわかっていても、逃さないための準備をきちんとしている人は少ないのだとか。

たった一度きりの人生。後悔しないために知っておきたいキャリアチャンスと積極的に取りたいリスクについて教えていただきます。

 

絶好の機会がきたら逃しちゃだめ!

「もしチャンスをつかみたいと思っているなら、何が自分にとってチャンスなのか、常に考えておくことが重要です。

日頃から自分にとってのチャンスがどういう類いのものなのか考えておかないと、せっかくチャンスが来てもそれがチャンスなのかどうか、わからなくなってしまいます」

 

あなたにも、せっかく絶好の機会があったのに、それに気づかず見過ごしてしまったことがあったかも? チャンスが存在していたことを知らなければ、それはそれで幸せかもしれません。でも「後悔しない人生を送るために、私は一歩を踏み出すほうがいいと思います」とは美紀子さんの言葉。

「幸運の女神には、前髪しかありませんから。女神が来てここぞというときに、前髪をつかむための準備をしっかりしておくことが大切ですよ」

 

キャリアチャンスをつかめ!「心」の準備と「お金」の準備

何かを選ぶということは、何かを捨てること。 犠牲や不安なく選択できるケースは、残念ながら少ないでしょう。

だからこそキャリアチャンスがきたときに一瞬の迷いもなく飛び込んでいくことは案外むずかしいもの。美紀子さんによると、いざというときに勇気を持って一歩を踏み出すためには、日々の暮らしのなかで『不安を減らしておく』ことが重要なのだそう。

「心が不安でいっぱいな状態だと、いざ機会が来たときにリスクを取って行動しにくくなります。

たとえば、あと預金口座にいくら残っているのか気になって仕方がないような経済状況のときって、もうそれしか考えられなくなってしまいますよね。長期的に見れば素敵なキャリアチャンスになるものに恵まれても、いまいま経済的に苦しいので諦めてしまったり。とてももったいないことです。

とくにお金に関する不安があると、精神的にも身体的にも自立しにくい状態に。いざというときリスクを取ってチャレンジしていくことを意思決定するためには、心の不安を減らすために自分に必要なお金の量を可視化しておくといいでしょう」

「最低限、自分がしあわせになれるだけのお金の量を知っておくこと。すくなくとも自分が『不安に思わない』ためにはいくらお金が必要なのか、客観的に知ることが重要! 具体的に、いったい自分はいまお金をいくら持っていて、どれくらい必要なのか『知る』ということから始めてみれば、それだけでも不安を減らすことができますよ。

可視化しておけば現状を冷静に把握できるようになるので、チャンスがきたときに前向きに意思決定しやすくなります」

 

長期的なビジョンがあれば、勇気を出してチャレンジできる!

たとえば、念願の仕事に就くことができるチャンスがきたけれど、それによって年収が下がってしまう……やりたいことは叶うけれど不安が残る……そんなときはどのように判断すればいいのでしょう?

心から求めていたキャリアチャンスが自分のもとに舞い込んだとき、勇気を持って一歩を踏み出すための方法をうかがいました。

 

「好きなことを仕事にしたいときや、お金に関係なく本当にやりたいことに向かうとき、『最低限これくらい収入があれば、私は大丈夫』という給料の最低ラインを自分で明確化すれば、そのチャンスに自分は乗るべきかどうか迷わず判断しやすくなりますよ。

仮にいま私が転職するとしたら、今後の人生もふくめて自分はいくらお金があれば満足できるかということを、ちゃんと計算しますよ。人生全体で必要なお金の量が俯瞰的に見えていれば、もし今より年収が下がったとしても、それは自分が覚悟して決めたことで、転職したあと何年かでリターンすればいいんだ、と踏ん切りがつくはずです」

「一般的に、女性は年収や貯金など『お金』について考えるのは苦手だと言われていますし、じつは私もそうなのですが……でもしっかり考えないといけません。

なぜなら最低ライン以上のお金がないと、せっかくの幸福も不幸になってしまう可能性があるから。経済的な不安があると、いくら好きな仕事だって、嫌いに反転してしまうことがよくあります。

でもそのラインを維持したり超えられるようになったら、あなたはもっとチャレンジしていいよ、というサイン。どんどん自分のやりたいことや夢をつかんでいったほうが、人生は楽しくなるでしょう」

 

失敗は失敗じゃない。どんどんチャンスに挑戦しよう!

絶好の機会がきたら、どんどんチャレンジしましょう! 美紀子さんによると、女性はちょっと野心的なくらいチャレンジしていくほうが、社会的に自信として受け取られるので良いのだそう。

 

「たとえば仕事でチャンスが来たときに『まだ私はできません』と言ってしまえばチャンスは逃げてしまいます。でも、本当は不安だけれど勇気を持って「やってみます」と言うと、そこからまた新しいチャンスが生まれて、たどり着いた先で見えてくる世界もあります。

たとえ結果的にダメになっても、『私にはこれは無理だったんだな』とか『苦手な分野だったんだな』と思うことができる柔軟性があれば、けして何も失敗ではありません。どんどん挑戦していきましょう」

 

エジソンの名言にあるとおり、失敗したことがわかることが成功なんですよ、とおっしゃる美紀子さん。ポジティブで明るい語り口の美紀子さんからは、迷いや不安が一切伝わってきません。

あなたも今日から、自分のチャンスと向き合ってみませんか?

【岡田美紀子(おかだみきこ)】

南山大学法学部卒業後、リクルートグループ(現:リクルートキャリア)入社。企業向け採用コンサルティング、事業開発部にて個人向けサービス企画、営業企画立ち上げなどを経て、現在はリーダーシップで有名な米系大手グローバル企業にてHRマネージャー。専門は、戦略人事、タレントマネジメント、キャリア開発、リーダーシップ開発。
2009年、UCLA-NUS Executive MBAを卒業、EMBA学位取得。卒業後もUCLA-NUS EMBAの日本での活動のサポートを行い、『一流の頭脳の磨き方』共著者の山崎裕二氏とともにJapan EMBA Alumni事務局を運営。
米国CCE, Inc.認定キャリアカウンセラー GCDF取得。
EDPPC: Executive Diploma in Positive Psychology and Coaching(ポジティブ心理学コーチング課程修了)。

秋田 英美
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ