ハピネス

2016.10.21 UP

ハロウィン当日に間に合う!材料3つで作れる【お菓子レシピ】

LINEで送る
Share on Facebook

10月31日は、待ちに待ったハロウィンですね。友達とホームパーティの約束をされている方も多いはず。差し入れとして市販のお菓子を持って行くのもいいけれど、手作りのお菓子で周りと差をつけるのはいかがですか?

「もう31日まで時間がないから無理!」と思われるかもしれませんが、今回紹介するのは、たった3つの材料で作れちゃうから問題なし!

見た目もハロウィン感満載だからSNSにアップしたら、「いいね!」がたくさんついちゃうかも!?

 

坊ちゃんカボチャを使ったチーズケーキ

Photo by Otonaka Sara

材料として使う手のりサイズの坊ちゃんカボチャは、ねっとりと濃厚な甘みがあるから砂糖を加えなくてもOK。見た目の可愛さがハロウィン気分を盛り上げてくれますよ!

クリームチーズとホットケーキミックスを混ぜるだけと簡単なのに、ごちそう感が出せて写真映えもするからおすすめです。

 

【材料】(1個分)

坊ちゃんカボチャ・・・1個

クリームチーズ・・・150g

ホットケーキミックス・・・1/4カップ

 

【作り方】

下準備:電子レンジオーブンを170度に予熱します。クリームチーズは室温に戻しておきます。

1.坊ちゃんカボチャを丸ごとラップで包み、電子レンジオーブンで5分加熱します。表面が柔らかくなったら、坊ちゃんカボチャの上部をふたの形になるようにカットします。

Photo by Otonaka Sara

2.坊ちゃんかぼちゃから果肉、種とワタをスプーンでくりぬきます。種とワタは取り除いて果肉をボウルに入れ、スプーンでよく潰します。クリームチーズを加え、なめらかになるまでよく混ぜます。

Photo by Otonaka Sara

3.2にホットケーキミックスを少しずつ加えてしっかり混ぜ合わせ、坊ちゃんカボチャの中に詰めて、オーブンで30分焼きます。

 

パンプキンソフトクッキー

Photo by Otonaka Sara

ソフトクッキーは、カボチャの優しい甘みのみ。砂糖を使っていないから、罪悪感なくいくらでも食べられちゃいそう。

カボチャの皮を切りぬいて顔を作れば、キュートなクッキーが作れますよ。

 

【材料】(約20枚)

カボチャ・・・1/4個(約300g)

バター・・・16g

ホットケーキミックス・・・1カップ

 

【作り方】

下準備:電子レンジオーブンを180度に予熱しておきます。

1.カボチャはワタと種を取り除き、皮をむきます。皮は後で顔を作るので残しておきましょう。カボチャをラップに包んで電子レンジオーブン(600W)で5分加熱して柔らかくします。その後、スプーンでつぶします。

2.バターを耐熱皿に入れて電子レンジで30秒加熱し、溶かします。

3.1に2を加えよく混ぜ、ホットケーキミックスを3回に分けて加え、さらによく混ぜ合わせたら生地の完成。

4.生地を5mmほどの厚さにのばし、冷凍庫で30分ほど冷やします。少し冷やすことで生地が固まり、型をくりぬきやすくなりますよ。

Photo by Otonaka Sara

5.好みの型で生地をくりぬきます。残しておいたカボチャの皮を目、鼻、口の形にキッチンバサミで切り抜き、くりぬいたクッキー生地にのせます。

6.5をオーブンで20分焼きます。

 

たった3つの材料でつくったとは思えない手作りスイーツで、手軽にハロウィン気分を楽しみましょう。

(レシピ制作・トップ画像/Otonaka Sara)

Otonaka Sara

音仲 紗良

フードコーディネーター&スタイリスト/エディター&ライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ